山と森で

山と森で

Bライフの模様、雑感などを綴ります。小さな暮らしを目指しています。

2017.10.26-28 秋の信越トレイル スルーハイク3DAYS DAY2(野々海峠〜関田峠〜桂池)

信越トレイル2日目。この日は30km歩く予定。なかなか長丁場。野々海峠から桂池を目指す。

 

朝4時には目が覚めていたが、寝袋から出る気になれずにだらだら。5時ころからテント撤収作業開始。6時前に出発。5時半にはヘッドランプいらないくらいには明るくなっていたので、もっと早く行動しておけばよかったと後悔。

 

キャンプ場からアプローチルートを使って、本ルートと合流する。

f:id:moro_lomo:20171031083828j:plain

 

本ルートに合流。ジメジメしたトレイルを歩く。ここら辺の区間はぬかるみが多く歩きづらかった。

f:id:moro_lomo:20171031083833j:plain

 

f:id:moro_lomo:20171031083842j:plain
f:id:moro_lomo:20171031083837j:plain


途中、池が何個かあったり。

f:id:moro_lomo:20171031083850j:plain

 

8時頃、伏野峠に到着。ここでセクション6が終わり、ここからセクション5。

f:id:moro_lomo:20171031083900j:plain

 

関田山脈は世界でも有数の豪雪地帯で、雪の重みで木が曲がっているのが特徴。日当たりや地形によって、トレイルがジメジメしてたりカラッとしてたり。ここら辺はカラッと気持ち良いトレイル。

f:id:moro_lomo:20171031083907j:plain

f:id:moro_lomo:20171031083912j:plain

 

11時20分に関田峠に到着。ここから黒倉山、鍋倉山を登る。正直ここら辺までは、残りの距離もまだまだあるし、トレイルはぬかるみ多いし、代わり映えしない景色だしって感じで歩くのに飽きていたよ。

f:id:moro_lomo:20171031083920j:plain

 

稜線に出ると展望が開けて気持ちが良かった。千曲川なども見える。

f:id:moro_lomo:20171031083928j:plain

久々に綺麗なブナ林とご対面。やっぱ気持ちいいね。落ち葉を踏みしめる音がザクザクと響いて心地よい。

f:id:moro_lomo:20171031083933j:plain

 

13時30分、仏が峰登山口到着。ここでセクション5が終わり、これからセクション4。

f:id:moro_lomo:20171031083938j:plain

 

前々日の台風の影響。結構な土砂が流れていてトレイルを分断していた。歩行に問題はなし。

f:id:moro_lomo:20171031083943j:plain

 

14時40分、本日のゴールである桂池に到着。この日は歩行距離約30km、行動時間約9時間。昨日よりもザックが体に馴染んだのか身体とザックの一体感が良く、軽快に歩けた。けど、意外にアップダウンが多く思っていたよりも疲れたよ。

f:id:moro_lomo:20171031083947j:plain

 

桂池のテントサイトは5張程度と狭いが、この日は、おっさん二人組と自分のみ。おっさんは釣り仲間らしく、一人は百名山を制覇、現在は信州百名山を踏破中のツワモノだった。果実酒をおすそ分けしてもらったが非常に美味しかった。

 

二人は今日、セクション2をハイクする予定だったらしいが、沼ノ原湿原と希望湖の間に台風の影響による土砂崩れが発生していて、そこを通過中に股まで泥に埋もれるような状況に陥ったとのこと。なんとか脱出したらしいが、マジでレスキューが必要な1歩手前だったらしい。泥から抜け出した後は風呂と洗濯で一日が終わったため今日は30分しか歩いていないとのこと。

 

明日はこのセクションを通るので迂回することにしよう。一人でぬかるみにはまって抜け出せなくなるところだった。情報ありがとうおっさん!

 

f:id:moro_lomo:20171031083952j:plain


ツェルトを張るのに慣れてきたようだ。前より早く美しく設営できるようになった。ピンっと張れるととっても気持ちいいし、ツェルトの耐風、耐候性能も上がる。

 

夕食は昨日とほぼ同じ。ビバークレーション(海苔茶漬け味)、チーズ、ゆで卵、ひじき、するめ、エイヒレ、味噌豆。おっさんからもらった果実酒、持参のカップ焼酎(いいちこ)。筋肉回復のため、タンパク質を多めに摂取。

 

今日は疲れたので早く寝て回復に努めようとしたが、なかなか寝付けず。ポッドキャストなどを聴いて夜を明かした。