山と森

山と森で

Bライフの模様、雑感などを綴ります。小さな暮らしを目指しています。

2017.10.12-14 青森の自然を満喫する旅行 DAY3(八甲田山)

青森の自然を満喫する旅行、3日目は八甲田山へ。 コースタイムは6時間程度、人が多くなる前に周りきる予定。朝5時に酸ヶ湯を出発。 登り始めはまだ暗くて、ヘッドランプを装着して歩く。足元がかなりぬかるんでいて、暗闇の中、ぬかるみ箇所とそうじゃない…

2017.10.12-14 青森の自然を満喫する旅行 DAY2(岩木山、奥入瀬、酸ヶ湯)

青森の自然を満喫する旅行、2日目。岩木山と奥入瀬を堪能してきた。 岩木スカイラインで8合目まで登る。ちなみにスカイラインは8時からでないと開門しないが、それを知らず7時に到着。1時間無駄に待機(笑) 8合目からリフトもでているが、登っても1時間く…

2017.10.12-14 青森の自然を満喫する旅行 DAY1(十二湖)

二泊三日で青森旅行へ行ってきた。旅行の目的は青森の自然を満喫すること。 DAY1 白神山地の十二湖 DAY2 岩木山、奥入瀬 DAY3 八甲田山 早朝の高速を飛ばしていざ青森を目指す。グーグル先生によると7時間程度かかる予定。朝4時過ぎに家を出発。 途中、道の…

2017.9.19 妙高山・火打山 日帰りハイク

妙高山と火打山を日帰りハイク。 笹ヶ峰駐車場から登り始め、まずは妙高山、次に火打山を目指す。下山後は笹ヶ峰周辺をトレイルラン。 立派な門構えの登山口からスタート。 登り始めのブナ林がキレイだった。 しばらく登り、富士見平を越えて黒沢池ヒュッテ…

2017.8.19-22 大雪山系縦走記 おまけ(旭川、札幌グルメ)

大雪山系を縦走した後は、のんびり北海道観光という名のグルメ旅。 2017.8.19-22 大雪山系縦走記 4DAYS DAY1(新潟〜小樽〜旭川〜黒岳) - 山と森で 2017.8.19-22 大雪山系縦走記 4DAYS DAY2(黒岳石室〜白雲岳〜忠別岳〜ヒサゴ沼避難小屋) - 山と森で 2017.8.1…

2017.8.19-22 大雪山系縦走記 4DAYS DAY4(美瑛富士避難小屋〜十勝岳〜十勝岳温泉)

大雪山縦走の最終日は美瑛岳、十勝岳を登り、十勝岳温泉へと下山。 日の出前に小屋を出発し、美瑛岳を登る。今にも雨が降り出しそうな空だった。朝日を待っている間に雨が降り出し、次第に本降りに。 防水機能を失ったレインウェアのおかげで身体はびしょ濡…

2017.8.19-22 大雪山系縦走記 4DAYS DAY3(ヒサゴ沼避難小屋〜トムラウシ〜美瑛富士避難小屋)

大雪山系縦走の3日目はトムラウシ山を経て美瑛富士避難小屋まで。 昨日のような縦走歩きが楽しめると思い込んでいたが、5つくらいのピークをアップダウンしたり、顔の高さくらいまである藪漕ぎが続いたり、ハードな行程だった。等高線をよく見ればわかるだ…

2017.8.19-22 大雪山系縦走記 4DAYS DAY2(黒岳石室〜白雲岳〜忠別岳〜ヒサゴ沼避難小屋)

大雪山系縦走2日目は黒岳石室からヒサゴ沼避難小屋まで。 等高線を見て分かるとおり、アップダウンは少なくフラットなトレイルが続く。つまり最高ってこと。 朝は桂月岳でご来光を拝む。北海道は思っていたより寒かった。レインウエアを着て寒さを凌ぐ。朝…

2017.8.19-22 大雪山系縦走記 4DAYS DAY1(新潟〜小樽〜旭川〜黒岳)

北海道の大雪山系を縦走してきた。北海道の山は初めてである(北海道自体は学生の頃の修学旅行で来たことがある)。最終日を除き、天気に恵まれ雄大な北海道の山を堪能した。でっかい山域、どこまでも続く縦走路、群生するお花畑、藪漕ぎなど、見所満載。 ちな…

2017.8.5-6 朳差岳-門内岳を稜線ハイク 2DAYS DAY2(朳差小屋〜門内岳〜奥胎内)

2日目は門内岳まで行って折り返し、奥胎内に下山。 朝の幻想的な風景。こんな景色を味わうために山を登って夜を明かす価値がある。日帰り登山では勿体無い。 朳差小屋からしばらく歩くと頼母木小屋に到着。小屋ではスケッチ展が開かれていた。飯豊連峰を繊…

2017.8.5-6 朳差岳-門内岳を稜線ハイク 2DAYS DAY1(奥胎内〜朳差小屋)

1泊2日で飯豊連峰の一部を縦走してきた。簡単な感想をいうと、雨の北アルプスより、晴れの低山の方が断然良い。飯豊連峰良いところ。 DAY1 奥胎内ヒュッテ〜大石山〜朳差岳(朳差小屋に宿泊) DAY2 朳差岳〜門内岳〜奥胎内ヒュッテ ちなみに朳差は「えぶり…

2017.8.2 夏の守門岳をワラーチでハイク

北アルプスが続いたのでたまには低山をのんびりということで、夏の暑い日に守門岳に登ってきた。 保久礼小屋からスタートし守門岳を登って二口コースを降りて保久礼小屋に戻る。コースタイムは9時間30分。スタートは7時半くらいだった気がする。 夏の空が広…

2017.7.27-30 夏の北アルプス,メジャー区間ハイク4DAYS DAY4(涸沢〜横尾〜上高地)

最終日。4日目は涸沢から上高地へおりるだけ。 本当は北穂高、奥穂高を経由しておりようと考え途中まで登ったのだが、雨が降って来たので早々にルート変更。勇気ある撤退?穂高はまたの機会ということにした。 朝の涸沢カール。どんより。 くだると決まった…

2017.7.27-30 夏の北アルプス,メジャー区間ハイク4DAYS DAY3(大天井岳〜常念岳〜横尾〜涸沢)

3日目は、大天井岳から常念岳を経て、蝶ヶ岳へは行かず横尾に降りて、涸沢まで。 大天井岳〜常念岳は最高の稜線歩きが楽しめる。何度歩いても良い道。雲海もバッチリ。早朝、晴れ、稜線が揃ったら最強だと思う 穂高連峰もちらりと。 常念岳に登頂。人が多か…

2017.7.27-30 夏の北アルプス,メジャー区間ハイク4DAYS DAY2(双六小屋〜槍ヶ岳〜大天井岳)

2日目は、双六小屋から西鎌尾根を経て槍ヶ岳、そこから東鎌尾根を通って大天井岳でテント泊の予定。 晴れていれば槍ヶ岳を望みながら西鎌尾根を歩けるはずだった。ただこの日はあいにくの天気。ガスって展望きかず、携帯出すのも面倒で写真も取っていない。…

2017.7.27-30 夏の北アルプス,メジャー区間ハイク4DAYS DAY1(新穂高温泉〜双六小屋)

今年2回目の北アルプスへ。 表銀座、裏銀座は縦走済み。槍ヶ岳、穂高はメジャー感が強くて避けていた。 そこで今回の登山は、①西鎌尾根〜槍ヶ岳〜東鎌尾根のルート、②涸沢にテント泊することを目的にしてみた。 DAY1 新穂高温泉〜双六岳 DAY2 双六小屋〜槍…

2017.7.18-22 折立in室堂out 5DAYS DAY5(劔沢小屋〜雷鳥平〜室堂バスターミナル)

本日最終日。5日目は、朝日に当たる劔岳を見るため、別山へ。その後テント場に戻って撤収、室堂バスターミナルに下山。 ヘッデンつけて日の出前に別山に登頂。この時点ではガスって展望恵まれず。下の写真は雲に隠れた劔岳。 日が昇ってきた。雰囲気最高。 …

2017.7.18-22 折立in室堂out 5DAYS DAY4(五色ヶ原〜立山〜劔沢小屋)

4日目は五色ヶ原から立山を超えて劔沢小屋まで。 この日も日の出前に出発。早朝の景色。日の昇りとともに変わる景色、空気が好き。 鬼岳付近の雪渓トラバース。写真で見ると大したことなさそうに見えるが、片側が切れ落ちててかなりの急斜面。朝なので雪が…

2017.7.18-22 折立in室堂out 5DAYS DAY3(薬師峠〜スゴ乗越小屋〜五色ヶ原)

3日目は薬師峠からスゴ乗越小屋を超えて五色ヶ原まで。 日の出前に出発。朝日を浴びながら薬師岳を登頂。早朝の薬師岳からの眺めは最高だった。結局この時が今日のハイライト。やはり誰もいない朝の山が一番好きだな。空気が澄んでいて静かで雄大。 私所有…

2017.7.18-22 折立in室堂out 5DAYS DAY2(雲の平〜黒部五郎岳〜薬師峠)

2日目は雲の平〜鷲羽岳〜三俣蓮華岳〜黒部五郎岳〜薬師峠の長丁場。 朝4時半ころテント場を出発。ところどころ残っている雪渓を歩く。 天気は良好。暑いくらい。 鷲羽岳に到着。2h50mくらい。鷲羽岳は登るよりも遠くから見る方が魅力的な山だと思う。た…

2017.7.18-22 折立in室堂out 5DAYS DAY1(折立〜雲の平)

初日は、折立から太郎平を経て雲の平まで。 前日はビジネスホテルに泊まり、次の日の早朝、バスで折立まで移動。 天候は曇り時々雨といった感じ。 登山口からしばらく登ると視界がひらけてきた。晴れていたら眺めが良いのだろう。 登山口から2h40mで太郎平小…

2017.7.18-22 折立in室堂out 5DAYS DAY0(新潟〜富山駅)

夏の北アルプス縦走。初めての4泊5日テント泊。7月17日に富山に前泊、7月18日〜7月22日のウィークデイを選んだ。 ザックは山と道miniしか所有していないため、4泊5日の荷物をminiに無理やり詰め込む。明らかにザックがパンパンになって、やはりthreeを購…

30代独身者、思い切って会社辞めます

私、会社辞めます。