山と森

山と森で

Bライフの模様、雑感などを綴ります。小さな暮らしを目指しています。

2018.7.25 展望良し。八ヶ岳最北端、蓼科山をデイハイク

蓼科山八ヶ岳の最北端に位置している。円錐形の美しい形をしているので諏訪富士とも呼ばれているらしい。

 

暑さが厳しい今日このごろ、蓼科山とその周辺をぐるっとハイキングしてきた。

 

f:id:moro_lomo:20180804051918p:plain

 

スタートはスズラン峠にある蓼科山登山口。わりと綺麗目なトイレを完備。

f:id:moro_lomo:20180804052633j:plain

f:id:moro_lomo:20180804052638j:plain

 

登山開始。

f:id:moro_lomo:20180804052643j:plain

 

朝の木漏れ日が気持ちいい。

f:id:moro_lomo:20180804052649j:plain

 

森林限界を越えると、ゴロゴロした岩ばかりになる。蓼科湖など下界がよく見渡せた。

f:id:moro_lomo:20180804052653j:plain

 

蓼科山に到着。山頂は平坦でだだっ広い。

f:id:moro_lomo:20180804052657j:plain

 

山頂から八ヶ岳を望む。

f:id:moro_lomo:20180804052702j:plain

 

山頂に神社あり。

f:id:moro_lomo:20180804052708j:plain

 

山頂に方位盤あり。

f:id:moro_lomo:20180804052713j:plain

 

とても良い天気で、360度の展望が楽しめた。

f:id:moro_lomo:20180804052718j:plain

 

山頂のすぐ近くにある蓼科山頂ヒュッテ。

f:id:moro_lomo:20180804052729j:plain

 

蓼科山を後にし、大河原峠方面へと一旦下る。途中の蓼科荘。感じの良さそうな山小屋で多くの人が休憩していた。

f:id:moro_lomo:20180804052733j:plain

 

これが縞枯現象?木々が立ち枯れている。

f:id:moro_lomo:20180804052737j:plain

 

蓼科山から約500m下ってきて、ようやく大河原峠に到着。ここから双子山、双子池、大岳のアップダウンを経て北横岳を目指す。

f:id:moro_lomo:20180804052742j:plain

 

穏やかで平な山頂の双子山に到着。振り返ると登ってきた蓼科山がよく見えた。

f:id:moro_lomo:20180804052746j:plain

 

双子山から下って双子池に。雄池と雌池の二つがある。雄に興味はないので雌池だけ見て先を急ぐ。急ぐ意味もないのだが。

f:id:moro_lomo:20180804052751j:plain

 

苔むした雰囲気の良いトレイル。誰もいなくて静か。

f:id:moro_lomo:20180804052758j:plain

 

双子池付近を境に森の様子が変わっている。

f:id:moro_lomo:20180804052803j:plain

 

大岳に到着。ここでしばし休憩。コンビニおにぎりを補給。最近はもっぱらコンビニおにぎりが補給食になっている。具はシャケと梅というオーソドックスな組み合わせ。塩分補給とタンパク質補給を意識シテマス。

f:id:moro_lomo:20180804052808j:plain

 

大岳から蓼科山を望む綺麗な円錐をなしているのがよくわかる。

f:id:moro_lomo:20180804052814j:plain

 

北横岳は山頂に人がたくさんいたので写真を撮るのを失念。北横岳を登ったらあとは下る。亀甲池に到着。

f:id:moro_lomo:20180804052819j:plain

 

目の前にまたまた蓼科山。ここら辺から下山まで緩やかな下りが続いており、そのほとんどを走って下った。やっぱりトレイルを走るのは気持ちいい。

f:id:moro_lomo:20180804052823j:plain

f:id:moro_lomo:20180804052827j:plain

 

竜源橋に下山。車を止めてあるスズラン峠まで車道を30分程歩いた。

f:id:moro_lomo:20180804052831j:plain

 

最近、頻繁に登山に行っているせいか、登山中あまり疲れなくなった。調子いいとちょっとした登りが平坦地のごとくスイスイっといける!あーオールアウトしたいわー

 

以上