山と森で

山と森で

Bライフの模様、雑感などを綴ります。小さな暮らしを目指しています。

2017.10.26-28 秋の信越トレイル スルーハイク3DAYS DAY1(森宮野原〜天水山〜野々海峠)

この度、前々から行きたかった信越トレイルをスルーハイクしてきた。

 

信越トレイルとは、長野県と新潟県の県境にある標高1000m級の関田山脈沿いに連なる総延長距離80kmのロングトレイルである。

f:id:moro_lomo:20171030093619p:plain
f:id:moro_lomo:20171030093614p:plain


山頂を目指す登山も良いが、稜線歩きだったり、フラットなトレイルを長距離歩くトレッキング的な方が好みだ。ただ、延々と自然の中を歩きたい。

 

 

信越トレイルには、途中に5箇所のテントサイトが設けられていて、通常3泊4日、4泊5日程度でスルーハイクが可能。また、トレイルが6セクションに分けられていて、セクションハイクという選択もある。

 

今回は、2泊3日の予定で天水山から斑尾山に向かう南下ルートでスルーハイクする。

 1DAY 森宮野原駅〜天水山(トレイル起点)〜野々海峠 

 2DAY 野々海峠〜伏野峠〜関田峠〜黒倉山〜桂池 

 3DAY 桂池〜涌井〜毛無山〜袴岳〜斑尾山(トレイル終点)



 スタートは森宮野原駅から。ここから林道などを使って天水山を目指す。トレイルヘッドまで7kmくらいかな。

f:id:moro_lomo:20171030104213j:plain

 

道中に「道の駅さかえ」があるので、朝食がわりにおやきを購入。味噌味でうまい。

f:id:moro_lomo:20171030104242j:plain

 

しばらくは農道と林道を歩く。この道であっているのか不安の中歩いていると、天水山まで2.8kmの標識発見。信越トレイルの標識を初めて確認。これを辿れば迷うことはないはず。

f:id:moro_lomo:20171030104247j:plain

 

この日は快晴で気温も20度近くあった気がする。歩くととても暑くてスタートから30分で行動着のチョイスミスに気づく。行動着は、

 上:メリノウール長袖(アイスブレーカーの一番薄いやつ)

 下:ドラウトセンサーパンツ→フーディニをパンツの上から直穿きに変更、ドラウトセンサーパンツは終始重荷と化した笑

 

実は、短パンを持つか朝まで悩んでいたが、ウルトラライトを志向するものとして、余計な荷物になる可能性になるものは持って行きたくなかったので、持ち物から短パンを削除した。激しく後悔。

 

ただ、景色は最高。

f:id:moro_lomo:20171030104252j:plain

 

登り始めて色づいたブナ林がお出迎え。とても気持ち良い空間で、テンションも上がる。

f:id:moro_lomo:20171030104257j:plain

f:id:moro_lomo:20171030104305j:plain

 

行動食は自家製おにぎり。一気に食べるのではなく30分から1時間程度の間隔で一口二口摂取するという感じ。血糖値コントロールのつもり。コンビニおにぎりより断然うまい。

f:id:moro_lomo:20171030104310j:plain

 

信越トレイルの起点、天水山に到着。森宮野原駅からここまで、道の駅への寄り道を含め3時間程度かかった。やっとスタート地点だよ。

f:id:moro_lomo:20171030104315j:plain

 

山の中腹が綺麗に色づいている。静かでのどか。

f:id:moro_lomo:20171030104325j:plain

 

トレイルの道中はこの標識が一定間隔で整備されていて、迷う心配はほとんどなかった。そういえば、道中に信越トレイルのガイドを伴った欧米人10人くらいの団体とすれ違った。海外からわざわざこんなマニアックな所に来る意味がわからなかった。海外でも信越トレイルは一部の人たちでは有名なのか?

f:id:moro_lomo:20171030104330j:plain

 

三方岳に到着。ザックは山と道three。ベースウェイト5kg程度、水1リットル、食料は計っていないので正確ではないが2kgくらいだとするとパックウェイトは8kg。

f:id:moro_lomo:20171030104336j:plain

 

天水山から1時間半程度であっという間に野々海高原テントサイトに到着。

f:id:moro_lomo:20171030104342j:plain

f:id:moro_lomo:20171030104347j:plain

 

この日は先客の夫婦二人と自分のみ。夫婦は4泊5日でスルーハイクする予定とのこと。眺めが良い快適なテント場だった。

スリーピングシステムはこんな感じ。

 就寝着上:キャプリーン4、ハイランドデザインのダウン

 就寝着下:メリノウールタイツ、ダウンパンツ

 寝袋:ハイランドデザインのダウンバッグ(適温0〜10°、限界ー6°)

 マット:UL pad 15

ツエルト内の気温は5〜10°くらいあったと思うが寒さを感じることはなかった。今度からは温度計持って行って、温度と装備、体感などの関連をメモしておくべきと思った。

 

f:id:moro_lomo:20171030104359j:plain

 

この日の夕食は、ごぼうサラダ、レタス、ゆで卵、チーズ、するめ、エイヒレ、味噌豆(道の駅で購入、大豆を味噌と砂糖で絡めたものっぽい)。今日は全然疲れておらず酔っ払って眠りにつく戦法なので、濃いめのハイボールをチョイス。

f:id:moro_lomo:20171030104404j:plain

 

f:id:moro_lomo:20171030104354j:plain

 

信越トレイルの初日は、13km程度しか歩いていない。まだまだ歩ける時間と体力はあるが、野々海から次のテントサイトである光ヶ原キャンプ場までだいぶ距離があるので、今日はここまで。ブナ林と紅葉が素晴らしくイントロダクションとしては最高。明日は30km程度歩く予定。