山と森

山と森で

Bライフの模様、雑感などを綴ります。小さな暮らしを目指しています。

2017.8.19-22 大雪山系縦走記 おまけ(旭川、札幌グルメ)

大雪山系を縦走した後は、のんびり北海道観光という名のグルメ旅。

 

2017.8.19-22 大雪山系縦走記 4DAYS DAY1(新潟〜小樽〜旭川〜黒岳) - 山と森で

2017.8.19-22 大雪山系縦走記 4DAYS DAY2(黒岳石室〜白雲岳〜忠別岳〜ヒサゴ沼避難小屋) - 山と森で

2017.8.19-22 大雪山系縦走記 4DAYS DAY3(ヒサゴ沼避難小屋〜トムラウシ〜美瑛富士避難小屋) - 山と森で

2017.8.19-22 大雪山系縦走記 4DAYS DAY4(美瑛富士避難小屋〜十勝岳〜十勝岳温泉) - 山と森で

 

富良野から旭川へバスで移動。この日はゲストハウスのレトロハウス銀座旭川に宿泊。白を基調としてスッキリとした清潔感のある宿。ドミトリータイプ。ご主人は若くて、山登りもやるとのこと。行ってきたばかりの大雪山の状況を少し話した。

f:id:moro_lomo:20171015090513j:plain

f:id:moro_lomo:20171015090539j:plain

f:id:moro_lomo:20171015090518j:plain

 

旭川で昼間からビールが飲めるところを探してヒットしたのがここ。焼き鳥専門店ぎんねこ。カウンターとテーブル席2つくらいの小さな店。旭川名物「新子焼き」なるものがいただける。要は鶏の半身焼き。味は想像通り。ボリュームがあるのでシェアがおすすめ。

f:id:moro_lomo:20171015090508j:plainf:id:moro_lomo:20171015090500j:plain

 

f:id:moro_lomo:20171015091602j:plain

 

夜は馬場ホルモン。メニューはホルモン盛り合わせのみ。シンプルな塩味で色々な部位が適当に盛られてやってくる。それを七輪で焼いて食らう。一人前400円という驚愕のコスパ。接客サービスみたいなのは皆無で、緊張感すら漂うが、それもまたよし。

f:id:moro_lomo:20171015090533j:plainf:id:moro_lomo:20171015090528j:plain

 

翌日は、定番の旭山動物園へ。山での生活習慣のせいで朝早く目が覚めるので、バス時刻まで待たずに旭川駅からの距離12kmを徒歩で移動。山道を12km歩くのはわけないが、アスファルトを歩くのはなぜだか疲れる。路面が硬いからかな?

f:id:moro_lomo:20171015090554j:plain

 

平日ということもあって、人は多くない方だと思うが、それでも人気の動物の前には人だかり。しろくまやトラなど迫力があってそれなりに楽しめたが、テレビで騒がれているほどでもないなというのが感想。一番面白かったのはテナガザル。アクロバティックに動き回る様子は延々と見ていられる。一通り見たら飽きたのでバスで旭川駅に戻る。帰りは楽チン。

f:id:moro_lomo:20171015090545j:plain

f:id:moro_lomo:20171015090549j:plain

 

お昼ご飯の時間。旭川といえばジンギスカンは外せない。チョイスしたのは松尾ジンギスカン。ラムとマトンのセットを注文。臭みもなくうまい。

f:id:moro_lomo:20171015090558j:plain

f:id:moro_lomo:20171015090602j:plain

 

お昼を食べたらバスで札幌へ移動。この日の宿泊もゲストハウス、SappoLodge。木の温もりを感じる、DIY感あるステキな宿だった。居心地がよかった。

f:id:moro_lomo:20171015090704j:plain

f:id:moro_lomo:20171015090609j:plain

f:id:moro_lomo:20171015090614j:plain

 

夜はすすきのへ。まずは海鮮をいただく。開陽亭へ。新鮮な刺身とイカとごろの共焼きを注文。ごろ焼きがめちゃめちゃ濃厚でうまかった。

f:id:moro_lomo:20171015090634j:plain

f:id:moro_lomo:20171015090623j:plain

f:id:moro_lomo:20171015090628j:plain

 

飲み足りないのでクラフトビールを飲みに、ビアバーNorth islandへ。ヴァイツェンIPAを飲んだような気がする。そして美味しかったような気がする。

f:id:moro_lomo:20171015095041j:plain

f:id:moro_lomo:20171015090638j:plain

 

シメ第一弾はスープカレー。札幌はそこら中にスープカレー屋があるがスープカレーイエローをチョイス。スパイスが効いたさらっとした旨味のあるスープにごろごろっとした具材の数々。ハマりそう。

f:id:moro_lomo:20171015090644j:plain

 

シメ第二弾はパフェ。なんでも札幌では〆パフェなるものが流行っているらしい。これも結構な数の専門店があった。しかもどこも行列で待たなければ入れない。ここは夜パフェ専門店パフェテリアパルをチョイス。30分くらい待ったよ。登山の格好した汚いおっさんは完全に場違いだったけど気にしなかったよ。

f:id:moro_lomo:20171015090648j:plain

 

ドリンクとのセットがお得とのことなので、おしゃれなカクテル、イタリアンアイスティーをお願いした。初めて飲んだのだが、アマレットを烏龍茶で割ったものらしく、味は甘いがスッキリして美味しい。

f:id:moro_lomo:20171015090653j:plain

 

締めパフェ。普段なら絶対食べないだろうな。無論うまいに決まっている。

f:id:moro_lomo:20171015090659j:plain

 

札幌の夜を堪能した次の日は、モエレ沼公園へ。駅前のレンタサイクルで向かう。一日500円。公園内は広く、開放感がある。晴れていたら、お弁当持って、寝転がって昼寝したくなるような場所。この日はあいにくの雨模様。

f:id:moro_lomo:20171015090708j:plain

f:id:moro_lomo:20171015090715j:plain

 

定期的に噴水ショーも行われる。夜にはライトアップもされるそう。

f:id:moro_lomo:20171015090719j:plain

 

モエレ沼公園から戻って、北海道での最後の晩餐を。昨日食べてえらく気に入ったスープカレーを再び。今回はDi Savoyっていう店。野菜カレー的なものをチョイス。やっぱりすげーうまい。何を言っているかわからないと思うが、スープカレーはカレーではない、別の何かだ。

f:id:moro_lomo:20171015090739j:plainf:id:moro_lomo:20171015090724j:plain

 

北海道グルメを十分満喫したところで、電車で小樽へと移動し、行きと同じく、フェリーで18時間かけて新潟まで帰りましたとさ。