山と森

山と森で

Bライフの模様、雑感などを綴ります。小さな暮らしを目指しています。

2017.10.12-14 青森の自然を満喫する旅行 DAY3(八甲田山)

青森の自然を満喫する旅行、3日目は八甲田山へ。

 

コースタイムは6時間程度、人が多くなる前に周りきる予定。朝5時に酸ヶ湯を出発。

f:id:moro_lomo:20171020071307p:plain

 

登り始めはまだ暗くて、ヘッドランプを装着して歩く。足元がかなりぬかるんでいて、暗闇の中、ぬかるみ箇所とそうじゃない箇所を判断しながら登るのに少々辟易した。だんだんどうでもよくなってくるけど。30分も歩くと空が白んでくる。曇りがちの天候。

f:id:moro_lomo:20171020072039j:plain

 

仙人岱付近。木道が整備されている。

f:id:moro_lomo:20171020072044j:plain

 

6時に仙人岱避難小屋に到着。

f:id:moro_lomo:20171020072051j:plain

 

仙人岱から大岳へと向かう途中に振り返った景色。麓には仙人岱、向こうに見えるは南八甲田山と思われる。

f:id:moro_lomo:20171020072056j:plain

 

鏡沼。爆裂火口に水が溜まったもの。モリアオガエル、クロサンショウウオなどの両生類が住んでいるらしい。

f:id:moro_lomo:20171020072100j:plain

 

6時半、大岳に登頂。山頂からの展望が良く、北は津軽半島下北半島陸奥湾が望め、西には前日に登った岩木山が独立しているのが確認できる。もっと景色を眺めていたいが、吹きさらしで風が強く、寒くなってきたので井戸岳方面へと向かう。

f:id:moro_lomo:20171020072107j:plain

f:id:moro_lomo:20171020072118j:plain

青森市内と青森湾が一望

f:id:moro_lomo:20171020073501j:plain

遠くに見えるのが岩木山


大岳避難小屋。中には宿泊者が数名いたと思われる。トイレだけ拝借。

f:id:moro_lomo:20171020072129j:plain

 

井戸岳へと向かう登山道。軽い稜線歩きを楽しむ。周囲に山がないのでそれなりの高度感があるのが嬉しい。

f:id:moro_lomo:20171020072137j:plain

 

赤倉岳周辺。爆裂火口で、断崖を形成しており意外とダイナミックな山容。

f:id:moro_lomo:20171020072149j:plain

f:id:moro_lomo:20171020072144j:plain

 

赤倉岳から毛無岱へ。紅葉のシーズンだと綺麗に染まった景色が拝めるらしいが、すでにピークを過ぎており落葉していた。

f:id:moro_lomo:20171020072153j:plain

f:id:moro_lomo:20171020072200j:plain

f:id:moro_lomo:20171020072205j:plain

f:id:moro_lomo:20171020072215j:plain

毛無岱と下毛無岱を結ぶ281段の階段。一段一段の高低差が小さく、歩きづらいのでラダートレーニングのように小刻みに駆け抜けた。

f:id:moro_lomo:20171020072209j:plain

 

毛無岱を過ぎて、酸ヶ湯温泉へと下山する。色づいた落葉が道を埋める。これまで誰ともすれ違わなかったが、ここら辺から、酸ヶ湯から登ってくる登山客が増えてきた。早めに行動しておいてよかった。

f:id:moro_lomo:20171020072219j:plain

 

9時、酸ヶ湯の登山道に到着。麓は紅葉が見頃で綺麗だった。

f:id:moro_lomo:20171020072227j:plain

f:id:moro_lomo:20171020072232j:plain

 

3日間で青森の自然を十分満喫した。特に紅葉が綺麗だったのが印象的。ハードな山行ではなく、ゆるい山登りも意外と楽しい。が、やはり少し物足りなさを感じた。

紅葉目当てに山へ行くのも良いが、その代わり他の登山客も増えるので静かな山行は楽しめなくなる。難しい問題だ。

 

                                     以上

2017.10.12-14 青森の自然を満喫する旅行 DAY2(岩木山、奥入瀬、酸ヶ湯)

青森の自然を満喫する旅行、2日目。岩木山奥入瀬を堪能してきた。

 

岩木スカイラインで8合目まで登る。ちなみにスカイラインは8時からでないと開門しないが、それを知らず7時に到着。1時間無駄に待機(笑)

f:id:moro_lomo:20171017081932j:plain

 

8合目からリフトもでているが、登っても1時間くらいなのでもちろん登る。天気予報でも朝晩は冷えると言っていたが、想像以上に岩木山は寒かった。持ってきた衣類全部着込んでも寒いくらい。ワラーチ(サンダルね)でもいけるかと考えていた自分の考えの甘さよ。

f:id:moro_lomo:20171017081936j:plain

 

霧氷が!寒いわけだ。悪天候で展望も効かず。登頂したら早々に下山。

f:id:moro_lomo:20171017081941j:plain

f:id:moro_lomo:20171017081947j:plain

f:id:moro_lomo:20171017081951j:plain

 

遠くに見えるがリフト乗り場。リフト乗ってるだけだと風をもろに受けて寒くて死ぬんじゃないかな。

f:id:moro_lomo:20171017081956j:plain

 

山の中腹から見下ろす。中腹は紅葉が色づいていて綺麗だった。

f:id:moro_lomo:20171017082000j:plain

 

岩木山下山後は奥入瀬を散策。道中の十和田湖展望台にて。思ってたよりでかい。この周辺は紅葉が見頃で道路の両脇が鮮やかだった。

f:id:moro_lomo:20171017082007j:plain

 

奥入瀬を散策。渓流の雰囲気は良いが、観光客が多く、散策路のそばを車道が走っていて興が削がる。やっぱり観光地って感じは苦手。紅葉はまだもうちょいって感じだった。下流から上流に散策する方が川の流れをダイナミックに感じられておすすめとのこと。

f:id:moro_lomo:20171017082019j:plain

f:id:moro_lomo:20171017082025j:plain

カワセミ

f:id:moro_lomo:20171017082031j:plain

雲井の滝。

f:id:moro_lomo:20171017082036j:plain

f:id:moro_lomo:20171017082042j:plain

 

この日は、酸ヶ湯キャンプ場でテント泊。中央は炊事場で、周辺が芝生のフリーサイトとなっている。テントは3張り程度。みなさんちゃんとしたテントでツェルトの自分は完全に場違いだった笑。

f:id:moro_lomo:20171017082047j:plain

翌朝とった写真。昨日は暗くて気づかなかったが、とっても良いロケーション。

f:id:moro_lomo:20171017082111j:plain

 

お風呂は隣接する酸ヶ湯温泉。湯治で有名。大浴場は総ヒバ造りの千人風呂。泉質もよく、体が芯まで温まる。ほんと長期滞在したくなるいい温泉だった。

ちなみに混浴。お湯は白濁りで湯気がもくもくしているので、女性もあまり抵抗なく入れそうな感じ。男は20人くらいいたのに対し、女はおばさん2人しかいなかったが・・・。

f:id:moro_lomo:20171017082101j:plain

f:id:moro_lomo:20171017082052j:plain

 

コンビニで買ってきた食材で晩酌。寒さを恐れたが、無風だったのと温泉の効果で寒さは気にならなかった。スリーシーズンの寝袋と上下ダウン装備でOKだった。

f:id:moro_lomo:20171017082057j:plain

 

 

 

2017.10.12-14 青森の自然を満喫する旅行 DAY1(十二湖)

二泊三日で青森旅行へ行ってきた。旅行の目的は青森の自然を満喫すること。

 

DAY1 白神山地の十二湖

DAY2 岩木山奥入瀬

DAY3 八甲田山

 

早朝の高速を飛ばしていざ青森を目指す。グーグル先生によると7時間程度かかる予定。朝4時過ぎに家を出発。

 

途中、道の駅に寄り道をしながら12時前に十二湖に到着。道の駅のりんごが安く、6個入り200円とか、スーパーで買う半分以下の値段で売っていた。

 

十二湖にある「静観荘網元」で早速ランチ。おまかせ定食1000円をチョイス。写真には入っていないが、素揚げの魚もついていてボリューム満点。ミズのおひたしと塩辛、もずくが美味しかった。

f:id:moro_lomo:20171017073920j:plain

 

腹ごしらえをした後は十二湖を散策。ブナやカツラなどの樹木と苔むした植物が下生えして、森の雰囲気がとても良かった。空気も新鮮でうまい。

f:id:moro_lomo:20171017073925j:plain

f:id:moro_lomo:20171017073930j:plain

f:id:moro_lomo:20171017073934j:plain

 

気持ちの良いブナ林。

f:id:moro_lomo:20171017073950j:plain

 

十二湖の中でも透明度の高い湧壺の池。

f:id:moro_lomo:20171017073939j:plain

 

一番有名な青池。青いインク垂らしたような湖と案内されている通り、透き通った綺麗な青い色だった。

f:id:moro_lomo:20171017073943j:plain

 

金山の池だったかな。湖面に映るのは崩山。紅葉はまだこれからって感じ。有名な青池などは観光客もいたが、ここら辺はメインから少し離れていて観光客もいなくて静かな雰囲気で良い。

f:id:moro_lomo:20171017074000j:plain

 

これがミズらしい。そこら中に生えていた。今度採取して食べてみよう。

f:id:moro_lomo:20171017073955j:plain

 

今日の宿泊地、アオーネ白神。1Fが10畳、2Fが6畳の十分な広さの和室。和室の他にコテージもある。布団敷くのがセルフなので気を使わなくて済むのが良かった。子供が遊ぶような芝生の広場もあり、週末は家族づれで賑わいそう。

f:id:moro_lomo:20171017074005j:plain

f:id:moro_lomo:20171017074010j:plain

 

 

2017.9.19 妙高山・火打山 日帰りハイク

妙高山火打山を日帰りハイク。

笹ヶ峰駐車場から登り始め、まずは妙高山、次に火打山を目指す。下山後は笹ヶ峰周辺をトレイルラン。

 

f:id:moro_lomo:20171016145632p:plain

 

立派な門構えの登山口からスタート。

f:id:moro_lomo:20171016145441j:plain

 

登り始めのブナ林がキレイだった。

f:id:moro_lomo:20171016145557j:plain

 

しばらく登り、富士見平を越えて黒沢池ヒュッテへと続く道は、フラットな木道が続く。草原で周辺に木がないので開放感があって良いトレイル。少し肌寒いくらいの気温で、霜が降りていた。

f:id:moro_lomo:20171016145453j:plain

f:id:moro_lomo:20171016145459j:plain

 

白樺が美しい。青空に映える。

f:id:moro_lomo:20171016145504j:plain

 

黒沢池ヒュッテに到着。特徴的な外観の黒沢池ヒュッテは、建築家でもあり登山家でもあった吉阪隆正の設計。コルビジェの弟子。

f:id:moro_lomo:20171016145517j:plain

 

妙高山に到着。山頂からは後立山連峰が望めた。

f:id:moro_lomo:20171016145523j:plain

f:id:moro_lomo:20171016145528j:plain

 

妙高山を降りて、火打山を目指す。高谷池ヒュッテを越えると天狗の庭が現れる。ここも割とフラットで木道が整備されており気持ちが良い。天気が良いと池に火打山が映るらしい。

f:id:moro_lomo:20171016145534j:plain

f:id:moro_lomo:20171016145542j:plain

 

見えるが火打山

f:id:moro_lomo:20171016145547j:plain

 

山頂に到着。展望良し。火打山の先には焼山がある。焼山は常時観測火山で、2006年まで入山規制されていたらしい。

f:id:moro_lomo:20171016145551j:plain

 

下山後は笹ヶ峰周辺をかるくトレイルラン。ここら辺は2016年の信越五岳トレイルランに出場した時に走ったエリア。その時は雨が降ってて景色を楽しめなかった。そのリベンジ。フラットで走りやすく、高校や大学のクロスカントリーの練習場にもなっていた。牧場や広葉樹、針葉樹、池など景色にバリエーションがあり、延々と走ってられるコースだった。

f:id:moro_lomo:20171016151645j:plain

f:id:moro_lomo:20171016145604j:plain

f:id:moro_lomo:20171016145610j:plain

f:id:moro_lomo:20171016145615j:plain

f:id:moro_lomo:20171016145619j:plain

f:id:moro_lomo:20171016145628j:plain

 

総距離28km。程よい疲れが気持ちいい。やっぱり行ったことのない山は新鮮でいいな。

 

2017.8.19-22 大雪山系縦走記 おまけ(旭川、札幌グルメ)

大雪山系を縦走した後は、のんびり北海道観光という名のグルメ旅。

 

2017.8.19-22 大雪山系縦走記 4DAYS DAY1(新潟〜小樽〜旭川〜黒岳) - 山と森で

2017.8.19-22 大雪山系縦走記 4DAYS DAY2(黒岳石室〜白雲岳〜忠別岳〜ヒサゴ沼避難小屋) - 山と森で

2017.8.19-22 大雪山系縦走記 4DAYS DAY3(ヒサゴ沼避難小屋〜トムラウシ〜美瑛富士避難小屋) - 山と森で

2017.8.19-22 大雪山系縦走記 4DAYS DAY4(美瑛富士避難小屋〜十勝岳〜十勝岳温泉) - 山と森で

 

富良野から旭川へ移動。この日はゲストハウスのレトロハウス銀座旭川に宿泊。白を基調としてスッキリとした清潔感のある宿。ドミトリータイプ。ご主人は若くて、山登りもやるとのこと。行ってきたばかりなので大雪山の状況を少し話した。

f:id:moro_lomo:20171015090513j:plain

f:id:moro_lomo:20171015090539j:plain

f:id:moro_lomo:20171015090518j:plain

 

旭川で昼間からビールが飲めるところを探してヒットしたのがここ。焼き鳥専門店ぎんねこ。カウンターとテーブル席2つくらいの小さな店。旭川名物「新子焼き」なるものがいただける。要は鶏の半身焼き。味は想像通り。ボリュームがあるのでシェアがおすすめ。

f:id:moro_lomo:20171015090508j:plainf:id:moro_lomo:20171015090500j:plain

 

f:id:moro_lomo:20171015091602j:plain

 

夜は馬場ホルモン。メニューはホルモン盛り合わせのみ。シンプルな塩味で色々な部位が適当に盛られてやってくる。それを七輪で焼いて食らう。一人前400円という驚愕のコスパ。接客サービスみたいなのは皆無で緊張感すら漂うが、それもまたよし。

f:id:moro_lomo:20171015090533j:plainf:id:moro_lomo:20171015090528j:plain

 

翌日は、定番の旭山動物園へ。山での生活習慣のせいで朝早く目が覚めるので、バス時刻まで待たずに旭川駅からの距離12kmを徒歩で移動。無駄に疲れた。

f:id:moro_lomo:20171015090554j:plain

 

平日ということもあって、人は多くない方だと思うが、それでも人気の動物の前には人だかり。しろくまやトラなど迫力があってそれなりに楽しめたが、テレビなどで騒がれているほどでもないなというのが感想。一番面白かったのはテナガザル。アクロバティックに動き回る様子は延々と見ていられる。一通り見たら飽きたのでバスで旭川駅に戻る。楽チン。

f:id:moro_lomo:20171015090545j:plain

f:id:moro_lomo:20171015090549j:plain

 

旭川といえばジンギスカンは外せない。お昼は松尾ジンギスカン。ラムとマトンのセットを注文。臭みもなくうまい。

f:id:moro_lomo:20171015090558j:plain

f:id:moro_lomo:20171015090602j:plain

 

お昼を食べたらバスで札幌へ移動。この日の宿泊もゲストハウス、SappoLodge。木の温もりを感じる、DIY感あるステキな宿だった。居心地がよかった。

f:id:moro_lomo:20171015090704j:plain

f:id:moro_lomo:20171015090609j:plain

f:id:moro_lomo:20171015090614j:plain

 

夜はすすきのへ。まずは海鮮をいただく。開陽亭へ。新鮮な刺身とイカとごろの共焼きを注文。ごろ焼きがめちゃめちゃ濃厚でうまかった。

f:id:moro_lomo:20171015090634j:plain

f:id:moro_lomo:20171015090623j:plain

f:id:moro_lomo:20171015090628j:plain

 

飲み足りないのでクラフトビールを飲みに、ビアバーNorth islandへ。ヴァイツェンIPAを飲んだような気がする。そして美味しかったような気がする。

f:id:moro_lomo:20171015095041j:plain

f:id:moro_lomo:20171015090638j:plain

 

シメ第一弾はスープカレー。札幌はそこら中にスープカレー屋があるがスープカレーイエローをチョイス。スパイスが効いたさらっとした旨味のあるスープにごろごろっとした具材の数々。ハマりそう。

f:id:moro_lomo:20171015090644j:plain

 

シメ第二弾はパフェ。なんでも札幌では〆パフェなるものが流行っているらしい。これも結構な数の専門店があった。しかもどこも行列で待たなければ入れない。ここは夜パフェ専門店パフェテリアパルをチョイス。30分くらい待ったよ。

f:id:moro_lomo:20171015090648j:plain

 

ドリンクとのセットがお得とのことなので、おしゃれなカクテル、イタリアンアイスティーをお願いした。アマレットを烏龍茶で割ったものらしいが甘いがスッキリして美味しい。

f:id:moro_lomo:20171015090653j:plain

 

締めパフェ。普段なら絶対食べないだろうな。無論うまいに決まっている。

f:id:moro_lomo:20171015090659j:plain

 

札幌の夜を堪能した次の日は、モエレ沼公園へ。駅前のレンタサイクルで向かう。一日500円。公園内は広く、開放感がある。晴れていたら、お弁当持って、寝転がって昼寝したくなるような場所。

f:id:moro_lomo:20171015090708j:plain

f:id:moro_lomo:20171015090715j:plain

 

定期的に噴水ショーも行われる。夜にはライトアップもされるそう。

f:id:moro_lomo:20171015090719j:plain

 

モエレ沼公園から戻って、北海道での最後の晩餐を。昨日食べてえらく気に入ったスープカレーを。今回はDi Savoyっていう店。野菜カレー的なものをチョイス。やっぱりすげー好き。

f:id:moro_lomo:20171015090739j:plainf:id:moro_lomo:20171015090724j:plain

 

北海道グルメを十分満喫したところで、小樽へと移動し、フェリーで18時間かけて新潟まで帰りましたとさ。

 

2017.8.19-22 大雪山系縦走記 4DAYS DAY4(美瑛富士避難小屋〜十勝岳〜十勝岳温泉)

大雪山縦走の最終日は美瑛岳十勝岳を登り、十勝岳温泉へと下山。

 

f:id:moro_lomo:20171010091228p:plain

 

日の出前に小屋を出発し、美瑛岳を登る。今にも雨が降り出しそうな空だった。朝日を待っている間に雨が降り出し、次第に本降りに。

 

防水機能を失ったレインウェアのおかげで身体はびしょ濡れ、悪天候の北海道の山は非常に寒く、北アルプスに続き、またもや低体温症の恐れに。

moro-lomo.hatenablog.com

 

体温の低下を防ぐため、美瑛岳からは急な登り以外は走った。十勝岳の砂のような斜面は登りにくかったことを覚えている。途中から体が冷え切ってマジでやばいと思い、上ホロ避難小屋を目指して全力で走った。美瑛岳から上ホロ避難小屋のコースタイム3時間半のところ、2時間かからずに到着。自分で自分を褒めたい。

 

 

小屋に着いた時は生まれたての子鹿のように震えていた。小屋で雨風をしのぎながら衣服を着替えた。乾いた衣服のありがたさを実感。この後またびしょ濡れになるのだが、ここからは高度を下げるので寒さはそこまで気にならなかった。

 

そんなハードな状況だったので、写真は一切とっていない。

 

上ホロ避難小屋で30分くらい避難していたが、雨は止みそうにないので渋々出発。あとは十勝岳温泉まで下りるだけ。

 

下りももちろん走る。あっという間に十勝岳温泉に到着。十勝岳温泉凌雲閣の日帰り入浴で身体の芯まで温まる。助かった。

 

こんな天気なので今日は誰ともすれ違わなかった。当たり前か。

 

温泉でさっぱりしたあとは凌雲閣からバスで上富良野駅まで。

f:id:moro_lomo:20171010091202j:plain

 

最終日は雨に降られ、景色も楽しめず、いい思い出無し。こんな時もある。

 

今回の縦走のまとめ

1. 北海道の山は最高。特にお花畑となだらかで歩きやすい雄大なトレイル。

2. お盆過ぎだと、登山客は少なくなる。

3. 水場が枯れている場合もある。水場があっても煮沸か浄水が必要。水のご利用は計画的に。

4. 北海道の山は思っているよりも寒い。

5. 縦走装備でも頑張ればそれなりのスピードで走れる。

 

2017.8.19-22 大雪山系縦走記 4DAYS DAY3(ヒサゴ沼避難小屋〜トムラウシ〜美瑛富士避難小屋)

大雪山系縦走の3日目はトムラウシ山を経て美瑛富士避難小屋まで。

昨日のような縦走歩きが楽しめると思い込んでいたが、5つくらいのピークをアップダウンしたり、顔の高さくらいまである藪漕ぎが続いたり、ハードな行程だった。等高線をよく見ればわかるだろうに。昨日のハイクが良すぎて・・・。

f:id:moro_lomo:20171009090059p:plain

f:id:moro_lomo:20171009090112p:plain

 

3日目の朝。すっきりと晴れて気持ち良い。ヒサゴ沼からトムラウシまでの道程は独特の雰囲気。ここら辺は日本庭園と呼ばれ、高山植物と岩塊のコントラストが特徴的。

f:id:moro_lomo:20171009090151j:plain

f:id:moro_lomo:20171009090141j:plain

f:id:moro_lomo:20171009090157j:plain

 

チングルマは綿毛になっていたが、それでも幻想的で綺麗だった。こんなに密集しているチングルマは見たことがない。

f:id:moro_lomo:20171009090208j:plain

 

f:id:moro_lomo:20171009090218j:plain

f:id:moro_lomo:20171009090230j:plain

 

トムラウシ山から十勝岳方面を望む。今日進む予定の道が見渡せる。

f:id:moro_lomo:20171009090241j:plain

 

トムラウシ山を過ぎてからは、ハイマツや笹が茂るトレイルになっていく。

f:id:moro_lomo:20171009090253j:plain

顔の高さくらいまである笹。視界が効かず、足元も見えないため、神経を使うし体力も奪われる。クマも出没する地域らしいので奇声を出したり、歌ったりしながら通過。精神まで大きく疲労。

f:id:moro_lomo:20171009090307j:plain

 

もりもりしたトレイル。いかにもヒグマが潜んでいそう。

f:id:moro_lomo:20171009090301j:plain

 

遠くに見えるは富良野平野。でっかい牧場のようなものが見えた。

f:id:moro_lomo:20171009090311j:plain

 

藪漕ぎで疲弊した後のオプタテシケの急登は嫌な思い出。(疲れ切って写真は無い)

 

f:id:moro_lomo:20171009090315j:plain

 

本日の目的地、美瑛富士避難小屋に到着。久々に疲労困憊になった。

f:id:moro_lomo:20171009090320j:plain

ナキウサギを生で見れた!(鳴き声はそこら中でするが、姿はなかなか見せない)

f:id:moro_lomo:20171009090324j:plain

 

小屋では300名山を踏破したおっさんと北海道に移住した若者と一緒になった。山トークで盛り上がった。おっさんは、車とオートバイを駆使して300名山を踏破したとのこと。独自のトレーニング、ストレッチ方法を教えてもらった。若者は同い年くらいで、若い頃、北海道を自転車旅行していて北海道が気に入って最近移住したとのこと。いろんな人がいるもんだ。