山と森

山と森で

Bライフの模様、雑感などを綴ります。小さな暮らしを目指しています。

2017.10.26-28 秋の信越トレイル スルーハイク3DAYS DAY3(桂池〜赤池〜袴岳〜斑尾山)

信越トレイルのスルーハイク最終日。今日は桂池から終点の斑尾山まで。この日も約30km歩行予定。途中、毛無山、袴岳、斑尾山と大きなアップダウン有り。特に最後の斑尾山の上りはきつかった!

 

まだ暗いが朝5時過ぎに桂池テントサイトを出発。まずは黒岩山を目指す。黒岩山はギフチョウヒメギフチョウが混生する天然記念物指定地域だそうだ。

f:id:moro_lomo:20171031114217j:plain

 

6時頃、黒岩山に到着。黒岩山山頂からの眺め。本日曇りなり。台風が接近しているらしく風が強い。暑くなくてちょうど良い。

f:id:moro_lomo:20171031114221j:plain

 

山頂のあずまやで朝食を摂る。いつものメニューのグラノーラスキムミルク、抹茶粉末を混ぜたもの。

f:id:moro_lomo:20171031114225j:plain

 

黒岩山から涌井まではなだらかな下りの林道が続く。ここら辺は退屈だったので走った。テント装備背負ってもゆっくりなら走れる。次の日ケツの上部が筋肉痛になったが。

f:id:moro_lomo:20171031114230j:plain

f:id:moro_lomo:20171031114239j:plain

 

途中、大将陣なる場所があった。展望が良い場所のため、かつて上杉謙信が陣を構えたところらしい。

f:id:moro_lomo:20171031114244j:plain

 

7時30分、涌井に到着。セクション3が終わり、セクション2へ。

f:id:moro_lomo:20171031120100j:plain

 

涌井を過ぎて毛無山へと向かう途中。畑が広がっていた。

f:id:moro_lomo:20171031114301j:plain

涌井新池。

f:id:moro_lomo:20171031114307j:plain

 

毛無山への登山道はカラマツや広葉樹が混生していた。すごい静かで風に揺れる木々のざわめきが印象的だった。今回のトレイルの中でも印象的に残った場所。

f:id:moro_lomo:20171031114317j:plain

f:id:moro_lomo:20171031114333j:plain

f:id:moro_lomo:20171031114342j:plain

f:id:moro_lomo:20171031114346j:plain

 

9時、希望湖に到着。ここからは、昨日おっさんたちがはまった土砂崩れ現場を避けるため、信越トレイルを少し外れて希望湖周回トレイルに進み沼ノ原湿原を目指す。

f:id:moro_lomo:20171031114352j:plain

希望湖周回トレイルを経て、沼ノ原湿原に到着。非常にきれいなトイレだった。

f:id:moro_lomo:20171031114402j:plain

 

沼ノ原湿原あたりからの斑尾市街は、信越トレイル以外のトレイルも数多く整備されていて、時間があれば廻ってみるのも良いかも。落ち葉満載。

f:id:moro_lomo:20171031121422j:plain

 

10時10分、赤池に到着。セクション2が終わり、とうとうセクション1。ここからまずは袴岳へと登る。

ここで斑尾高原ホテル発のバス時刻を調べると、13時20分発があり、その次が16時25分と結構間が開くことを知った。何としても13時20分のバスに乗るため、ここからは相当ハイペースで進んだ。今思うと、別に16時25分発を目指してのんびり歩けばよかった。なんでも頑張っちゃう性分。

f:id:moro_lomo:20171031121427j:plain

 

袴岳への上り。ここも曇りの天気と強めに吹いていた風、落葉が進んだ樹木で、寂しい雰囲気だったが、それがとても気に入った。ただ、バスに間に合わせるため、めちゃめちゃハイペースだけど。

f:id:moro_lomo:20171031114408j:plain

f:id:moro_lomo:20171031114412j:plain

 

11時、袴岳山頂に到着。ここから一旦下って、ラスボス斑尾山へ。

f:id:moro_lomo:20171031114419j:plain

f:id:moro_lomo:20171031114428j:plain

 

斑尾山はスキー場の急斜面を登っていく。雰囲気は無いが展望は良い。妙高山も丸見え。

f:id:moro_lomo:20171031114437j:plain

f:id:moro_lomo:20171031114443j:plain

 

12時20分、斑尾山に登頂!信越トレイル全線踏破!バスの時間にも間に合いそう。頑張りました。帰るまでが遠足です。

f:id:moro_lomo:20171031114449j:plain

 

トレランの大会で何度かお世話になっている斑尾市街を見下ろす。

f:id:moro_lomo:20171031114500j:plain

 

斑尾高原ホテル発のバスで飯山駅に向かう。ホテルの中で着替えと荷物整理をさせてもらう。

f:id:moro_lomo:20171031114512j:plain

 

30分ほどで飯山駅に到着。新幹線も停まる駅ので広くてきれい。もちろん鈍行で帰る。電車は15時47分発で、しばし時間がある。

f:id:moro_lomo:20171031114534j:plain

 

というわけで、駅隣のスーパーで下山飯。腹ペコ。本日はヤッホーブルーイングの地域限定のクラフトビールとスーパーの惣菜。アジフライ、山賊焼、根菜黒ゴマサラダ。スーパーで下山飯は少し貧乏臭いが、自分の好きなものを好きな量チョイスでき、かつ、安く仕上がるのでなかなか満足度が高かった。空腹にビールが染みる。いい気持ちで帰路についたとさ。

f:id:moro_lomo:20171031114524j:plain

f:id:moro_lomo:20171031114529j:plain

 

信越トレイルスルーハイクのまとめ、気付き

・2泊3日も十分可能だが、3泊4日でゆっくり回るのが良い

・ブナ、ダケカンバの森、山、稜線、里山、池などバリエーションに富んでいて飽きない。

・ぬかるみが多いのでシューズは防水がいい。暖かい季節はワラーチでいけるはず。

 

・長時間長距離を歩くことは瞑想である。

・行動着のチョイスは慎重に。寒さを恐れすぎるのもダメ。

・ザックに空きがあるからといって余計なものは持っていかない。軽さと快適さのバランスの見極め。

・ツェルトの張り方のコツを掴んだ。次は自在結びをマスターすべき。

・今度から温度計を持っていくこと。

 

                                  おわり

2017.10.26-28 秋の信越トレイル スルーハイク3DAYS DAY2(野々海峠〜関田峠〜桂池)

信越トレイル2日目。この日は30km歩く予定。野々海峠から桂池を目指す。

 

朝4時には目が覚めていたが、寝袋から出る気になれずにだらだら。5時ころから撤収作業。6時前に出発。5時半にはヘッドランプいらないくらいには明るくなっていたので、もっと早く行動しておけばよかったと後悔。

 

キャンプ場からアプローチルートを使って、本ルートと合流する。

f:id:moro_lomo:20171031083828j:plain

 

本ルートに合流。ジメジメしたトレイルを歩く。ここら辺の区間はぬかるみが多く歩きづらかった。

f:id:moro_lomo:20171031083833j:plain

 

f:id:moro_lomo:20171031083842j:plain
f:id:moro_lomo:20171031083837j:plain


途中、池が何個かあったり。

f:id:moro_lomo:20171031083850j:plain

 

8時頃、伏野峠に到着。ここでセクション6が終わり、ここからセクション5。

f:id:moro_lomo:20171031083900j:plain

 

関田山脈は世界でも有数の豪雪地帯で、雪の重みで木が曲がっているのが特徴。日当たりや地形によって、トレイルがジメジメしてたりカラッとしてたり。ここら辺はカラッと気持ち良いトレイル。

f:id:moro_lomo:20171031083907j:plain

f:id:moro_lomo:20171031083912j:plain

 

11時20分に関田峠に到着。ここから黒倉山、鍋倉山を登る。正直ここら辺までは、残りの距離もまだまだあるし、ぬかるみ多いし、代わり映えしない景色だしって感じで歩くのに飽きていたよ。

f:id:moro_lomo:20171031083920j:plain

 

稜線に出ると展望が開けて気持ちが良かった。千曲川なども見える。

f:id:moro_lomo:20171031083928j:plain

久々に綺麗なブナ林とご対面。やっぱ気持ちいいね。落ち葉を踏みしめる音がザクザクと響いて心地よい。

f:id:moro_lomo:20171031083933j:plain

 

13時30分、仏が峰登山口到着。ここでセクション5が終わり、これからセクション4。

f:id:moro_lomo:20171031083938j:plain

 

前々日の台風の影響。結構な土砂が流れていてトレイルを分断していた。歩行に問題はなし。

f:id:moro_lomo:20171031083943j:plain

 

14時40分、本日のゴールである桂池に到着。この日は歩行距離約30km、行動時間約9時間。昨日よりもザックが体に馴染んだのか身体とザックの一体感が良く、軽快に歩けた。けど、意外にアップダウンが多く結構疲れた。

f:id:moro_lomo:20171031083947j:plain

 

桂池のテントサイトは5張程度と狭いが、この日は、おっさん二人組と自分のみ。おっさんは釣り仲間らしく、一人は百名山を制覇、現在は信州百名山を踏破中のツワモノだった。果実酒をおすそ分けしてもらったが非常に美味しかった。

 

二人は今日、セクション2をハイクする予定だったらしいが、沼ノ原湿原と希望湖の間に台風の影響による土砂崩れが発生していて、そこを通過中に股まで泥に埋もれるような状況に陥ったとのこと。なんとか脱出したらしいが、マジでレスキューが必要な1歩手前だったらしい。泥から抜け出した後は風呂と洗濯で一日が終わったため今日は30分しか歩いていないとのこと。

 

明日はこのセクションを通るので迂回することにしよう。一人でぬかるみにはまって抜け出せなくなるところだった。情報ありがとうおっさん!

 

f:id:moro_lomo:20171031083952j:plain


ツェルトを張るのに慣れてきたようだ。前より早く美しく設営できるようになった。ピンっと張れるととっても気持ちいいし、耐風、耐候性能も上がる。

 

夕食は昨日とほぼ同じ。ビバークレーション(海苔茶漬け味)、チーズ、ゆで卵、ひじき、するめ、エイヒレ、味噌豆。おっさんからもらった果実酒、持参のカップ焼酎(いいちこ)。筋肉回復のため、タンパク質を多めに摂取。

 

今日は疲れたので早く寝て回復に努めようとしたが、なかなか寝付けず。ポッドキャストなどを聴いて夜を明かした。

 

2017.10.26-28 秋の信越トレイル スルーハイク3DAYS DAY1(森宮野原〜天水山〜野々海峠)

この度、前々から行きたかった信越トレイルをスルーハイクしてきた。

信越トレイルとは、長野県と新潟県の県境にある標高1000m級の関田山脈沿いに連なる総延長距離80kmのロングトレイルである。

f:id:moro_lomo:20171030093619p:plain
f:id:moro_lomo:20171030093614p:plain


自分は、山頂を目指す登山ではなく、稜線歩きだったり、フラットなトレイルを長距離歩くトレッキング的な方が好みだ。

 

 

信越トレイルには、途中に5箇所のテントサイトが設けられていて、通常3泊4日、4泊5日程度でスルーハイクが可能。また、トレイルが6セクションに分けられていて、セクションハイクという選択もある。

 

今回は、2泊3日の予定で天水山から斑尾山に向かう南下ルートでスルーハイクする。

 1DAY 森宮野原駅〜天水山(トレイル起点)〜野々海峠 

 2DAY 野々海峠〜伏野峠〜関田峠〜黒倉山〜桂池 

 3DAY 桂池〜涌井〜毛無山〜袴岳〜斑尾山(トレイル終点)



 スタートは森宮野原駅から。ここから林道などを使って天水山を目指す。トレイルヘッドまで7kmくらいかな。

f:id:moro_lomo:20171030104213j:plain

 

道中に「道の駅さかえ」があるので、朝食がわりにおやきを購入。味噌味でうまい。

f:id:moro_lomo:20171030104242j:plain

 

しばらく農道と林道を歩く。天水山まで2.8kmの標識。信越トレイルの標識を初めて確認。これを辿れば迷うことはない。

f:id:moro_lomo:20171030104247j:plain

 

この日は快晴で気温も20度近くあった気がする。歩くととても暑くてスタートから30分で行動着のチョイスミスに気づく。行動着は、

 上:メリノウール長袖(アイスブレーカーの一番薄いやつ)

 下:ドラウトセンサーパンツ→フーディニをパンツの上から直穿きに変更、ドラウトセンサーパンツは終始重荷と化した笑

 

実は、短パンを持つか朝まで悩んでいたが、ウルトラライトを志向するものとして、余計な荷物になる可能性になるものは持って行きたくなかったので、持ち物から短パンを削除した。激しく後悔。

 

ただ、景色は最高。

f:id:moro_lomo:20171030104252j:plain

 

登り始めて色づいたブナ林がお出迎え。とても気持ち良く、テンションも上がる。

f:id:moro_lomo:20171030104257j:plain

f:id:moro_lomo:20171030104305j:plain

 

行動食はおにぎり。一気に食べるのではなく30分から1時間程度の間隔で一口二口摂取するという感じ。血糖値コントロールのつもり。コンビニおにぎりより断然うまい。

f:id:moro_lomo:20171030104310j:plain

 

信越トレイルの起点、天水山に到着。森宮野原駅からここまで、道の駅への寄り道を含め3時間程度かかった。やっとスタート地点だよ。

f:id:moro_lomo:20171030104315j:plain

 

山の中腹が綺麗に色づいている。静かでのどか。

f:id:moro_lomo:20171030104325j:plain

 

トレイルの道中はこの標識が一定間隔で整備されていて、迷う心配はほとんどなかった。そういえば、道中に信越トレイルのガイドを伴った欧米人10人くらいの団体とすれ違った。海外からわざわざこんなマニアックな所に来る意味がわからなかった。海外でも信越トレイルは一部の人たちでは有名なのか?

f:id:moro_lomo:20171030104330j:plain

 

三方岳に到着。ザックは山と道three。ベースウェイト5kg程度、水1リットル、食料は計っていないので正確ではないが2kgくらいだとするとパックウェイトは8kg。

f:id:moro_lomo:20171030104336j:plain

 

天水山から1時間半程度であっという間に野々海高原テントサイトに到着。

f:id:moro_lomo:20171030104342j:plain

f:id:moro_lomo:20171030104347j:plain

 

この日は先客の夫婦二人と自分のみ。夫婦は4泊5日でスルーハイクする予定とのこと。眺めが良い快適なテント場だった。

スリーピングシステムはこんな感じ。

 就寝着上:キャプリーン4、ハイランドデザインのダウン

 就寝着下:メリノウールタイツ、ダウンパンツ

 寝袋:ハイランドデザインのダウンバッグ(適温0〜10°、限界ー6°)

 マット:UL pad 15

ツエルト内の気温は5〜10°くらいあったと思うが寒さを感じることはなかった。今度からは温度計持って行って、温度と装備、体感などの関連をメモしておくべきと思った。

 

f:id:moro_lomo:20171030104359j:plain

 

この日の夕食は、ごぼうサラダ、レタス、ゆで卵、チーズ、するめ、エイヒレ、味噌豆(道の駅で購入、大豆を味噌と砂糖で絡めたものっぽい)。今日は全然疲れておらず酔っ払って眠りにつく戦法なので、濃いめのハイボールをチョイス。マリアージュは知らん。

f:id:moro_lomo:20171030104404j:plain

 

f:id:moro_lomo:20171030104354j:plain

 

信越トレイルの初日は、13km程度しか歩いていない。まだまだ歩ける時間と体力はあるが、野々海から次のテントサイトである光ヶ原キャンプ場までだいぶ距離があるので、今日はここまで。ブナ林と紅葉が素晴らしくイントロダクションとしては最高。明日は30km程度歩く予定。 

 

2017.10.12-14 青森の自然を満喫する旅行 DAY3(八甲田山)

青森の自然を満喫する旅行、3日目は八甲田山へ。

 

コースタイムは6時間程度、人が多くなる前に周りきる予定。朝5時に酸ヶ湯を出発。

f:id:moro_lomo:20171020071307p:plain

 

登り始めはまだ暗くて、ヘッドランプを装着して歩く。足元がかなりぬかるんでいて、暗闇の中、ぬかるみ箇所とそうじゃない箇所を判断しながら登るのに少々辟易した。だんだんどうでもよくなってくるけど。30分も歩くと空が白んでくる。曇りがちの天候。

f:id:moro_lomo:20171020072039j:plain

 

仙人岱付近。木道が整備されている。

f:id:moro_lomo:20171020072044j:plain

 

6時に仙人岱避難小屋に到着。

f:id:moro_lomo:20171020072051j:plain

 

仙人岱から大岳へと向かう途中に振り返った景色。麓には仙人岱、向こうに見えるは南八甲田山と思われる。

f:id:moro_lomo:20171020072056j:plain

 

鏡沼。爆裂火口に水が溜まったもの。モリアオガエル、クロサンショウウオなどの両生類が住んでいるらしい。

f:id:moro_lomo:20171020072100j:plain

 

6時半、大岳に登頂。山頂からの展望が良く、北は津軽半島下北半島陸奥湾が望め、西には前日に登った岩木山が独立しているのが確認できる。もっと景色を眺めていたいが、吹きさらしで風が強く、寒くなってきたので井戸岳方面へと向かう。

f:id:moro_lomo:20171020072107j:plain

f:id:moro_lomo:20171020072118j:plain

青森市内と青森湾が一望

f:id:moro_lomo:20171020073501j:plain

遠くに見えるのが岩木山


大岳避難小屋。中には宿泊者が数名いたと思われる。トイレだけ拝借。

f:id:moro_lomo:20171020072129j:plain

 

井戸岳へと向かう登山道。軽い稜線歩きを楽しむ。周囲に山がないのでそれなりの高度感があるのが嬉しい。

f:id:moro_lomo:20171020072137j:plain

 

赤倉岳周辺。爆裂火口で、断崖を形成しており意外とダイナミックな山容。

f:id:moro_lomo:20171020072149j:plain

f:id:moro_lomo:20171020072144j:plain

 

赤倉岳から毛無岱へ。紅葉のシーズンだと綺麗に染まった景色が拝めるらしいが、すでにピークを過ぎており落葉していた。

f:id:moro_lomo:20171020072153j:plain

f:id:moro_lomo:20171020072200j:plain

f:id:moro_lomo:20171020072205j:plain

f:id:moro_lomo:20171020072215j:plain

毛無岱と下毛無岱を結ぶ281段の階段。一段一段の高低差が小さく、歩きづらいのでラダートレーニングのように小刻みに駆け抜けた。

f:id:moro_lomo:20171020072209j:plain

 

毛無岱を過ぎて、酸ヶ湯温泉へと下山する。色づいた落葉が道を埋める。これまで誰ともすれ違わなかったが、ここら辺から、酸ヶ湯から登ってくる登山客が増えてきた。早めに行動しておいてよかった。

f:id:moro_lomo:20171020072219j:plain

 

9時、酸ヶ湯の登山道に到着。麓は紅葉が見頃で綺麗だった。

f:id:moro_lomo:20171020072227j:plain

f:id:moro_lomo:20171020072232j:plain

 

3日間で青森の自然を十分満喫した。特に紅葉が綺麗だったのが印象的。ハードな山行ではなく、ゆるい山登りも意外と楽しい。が、やはり少し物足りなさを感じた。

紅葉目当てに山へ行くのも良いが、その代わり他の登山客も増えるので静かな山行は楽しめなくなる。難しい問題だ。

 

                                     以上

2017.10.12-14 青森の自然を満喫する旅行 DAY2(岩木山、奥入瀬、酸ヶ湯)

青森の自然を満喫する旅行、2日目。岩木山奥入瀬を堪能してきた。

 

岩木スカイラインで8合目まで登る。ちなみにスカイラインは8時からでないと開門しないが、それを知らず7時に到着。1時間無駄に待機(笑)

f:id:moro_lomo:20171017081932j:plain

 

8合目からリフトもでているが、登っても1時間くらいなのでもちろん登る。天気予報でも朝晩は冷えると言っていたが、想像以上に岩木山は寒かった。持ってきた衣類全部着込んでも寒いくらい。ワラーチ(サンダルね)でもいけるかと考えていた自分の考えの甘さよ。

f:id:moro_lomo:20171017081936j:plain

 

霧氷が!寒いわけだ。悪天候で展望も効かず。登頂したら早々に下山。

f:id:moro_lomo:20171017081941j:plain

f:id:moro_lomo:20171017081947j:plain

f:id:moro_lomo:20171017081951j:plain

 

遠くに見えるがリフト乗り場。リフト乗ってるだけだと風をもろに受けて寒くて死ぬんじゃないかな。

f:id:moro_lomo:20171017081956j:plain

 

山の中腹から見下ろす。中腹は紅葉が色づいていて綺麗だった。

f:id:moro_lomo:20171017082000j:plain

 

岩木山下山後は奥入瀬を散策。道中の十和田湖展望台にて。思ってたよりでかい。この周辺は紅葉が見頃で道路の両脇が鮮やかだった。

f:id:moro_lomo:20171017082007j:plain

 

奥入瀬を散策。渓流の雰囲気は良いが、観光客が多く、散策路のそばを車道が走っていて興が削がる。やっぱり観光地って感じは苦手。紅葉はまだもうちょいって感じだった。下流から上流に散策する方が川の流れをダイナミックに感じられておすすめとのこと。

f:id:moro_lomo:20171017082019j:plain

f:id:moro_lomo:20171017082025j:plain

カワセミ

f:id:moro_lomo:20171017082031j:plain

雲井の滝。

f:id:moro_lomo:20171017082036j:plain

f:id:moro_lomo:20171017082042j:plain

 

この日は、酸ヶ湯キャンプ場でテント泊。中央は炊事場で、周辺が芝生のフリーサイトとなっている。テントは3張り程度。みなさんちゃんとしたテントでツェルトの自分は完全に場違いだった笑。

f:id:moro_lomo:20171017082047j:plain

翌朝とった写真。昨日は暗くて気づかなかったが、とっても良いロケーション。

f:id:moro_lomo:20171017082111j:plain

 

お風呂は隣接する酸ヶ湯温泉。湯治で有名。大浴場は総ヒバ造りの千人風呂。泉質もよく、体が芯まで温まる。ほんと長期滞在したくなるいい温泉だった。

ちなみに混浴。お湯は白濁りで湯気がもくもくしているので、女性もあまり抵抗なく入れそうな感じ。男は20人くらいいたのに対し、女はおばさん2人しかいなかったが・・・。

f:id:moro_lomo:20171017082101j:plain

f:id:moro_lomo:20171017082052j:plain

 

コンビニで買ってきた食材で晩酌。寒さを恐れたが、無風だったのと温泉の効果で寒さは気にならなかった。スリーシーズンの寝袋と上下ダウン装備でOKだった。

f:id:moro_lomo:20171017082057j:plain

 

 

 

2017.10.12-14 青森の自然を満喫する旅行 DAY1(十二湖)

二泊三日で青森旅行へ行ってきた。旅行の目的は青森の自然を満喫すること。

 

DAY1 白神山地の十二湖

DAY2 岩木山奥入瀬

DAY3 八甲田山

 

早朝の高速を飛ばしていざ青森を目指す。グーグル先生によると7時間程度かかる予定。朝4時過ぎに家を出発。

 

途中、道の駅に寄り道をしながら12時前に十二湖に到着。道の駅のりんごが安く、6個入り200円とか、スーパーで買う半分以下の値段で売っていた。

 

十二湖にある「静観荘網元」で早速ランチ。おまかせ定食1000円をチョイス。写真には入っていないが、素揚げの魚もついていてボリューム満点。ミズのおひたしと塩辛、もずくが美味しかった。

f:id:moro_lomo:20171017073920j:plain

 

腹ごしらえをした後は十二湖を散策。ブナやカツラなどの樹木と苔むした植物が下生えして、森の雰囲気がとても良かった。空気も新鮮でうまい。

f:id:moro_lomo:20171017073925j:plain

f:id:moro_lomo:20171017073930j:plain

f:id:moro_lomo:20171017073934j:plain

 

気持ちの良いブナ林。

f:id:moro_lomo:20171017073950j:plain

 

十二湖の中でも透明度の高い湧壺の池。

f:id:moro_lomo:20171017073939j:plain

 

一番有名な青池。青いインク垂らしたような湖と案内されている通り、透き通った綺麗な青い色だった。

f:id:moro_lomo:20171017073943j:plain

 

金山の池だったかな。湖面に映るのは崩山。紅葉はまだこれからって感じ。有名な青池などは観光客もいたが、ここら辺はメインから少し離れていて観光客もいなくて静かな雰囲気で良い。

f:id:moro_lomo:20171017074000j:plain

 

これがミズらしい。そこら中に生えていた。今度採取して食べてみよう。

f:id:moro_lomo:20171017073955j:plain

 

今日の宿泊地、アオーネ白神。1Fが10畳、2Fが6畳の十分な広さの和室。和室の他にコテージもある。布団敷くのがセルフなので気を使わなくて済むのが良かった。子供が遊ぶような芝生の広場もあり、週末は家族づれで賑わいそう。

f:id:moro_lomo:20171017074005j:plain

f:id:moro_lomo:20171017074010j:plain

 

 

2017.9.19 妙高山・火打山 日帰りハイク

妙高山火打山を日帰りハイク。

笹ヶ峰駐車場から登り始め、まずは妙高山、次に火打山を目指す。下山後は笹ヶ峰周辺をトレイルラン。

 

f:id:moro_lomo:20171016145632p:plain

 

立派な門構えの登山口からスタート。

f:id:moro_lomo:20171016145441j:plain

 

登り始めのブナ林がキレイだった。

f:id:moro_lomo:20171016145557j:plain

 

しばらく登り、富士見平を越えて黒沢池ヒュッテへと続く道は、フラットな木道が続く。草原で周辺に木がないので開放感があって良いトレイル。少し肌寒いくらいの気温で、霜が降りていた。

f:id:moro_lomo:20171016145453j:plain

f:id:moro_lomo:20171016145459j:plain

 

白樺が美しい。青空に映える。

f:id:moro_lomo:20171016145504j:plain

 

黒沢池ヒュッテに到着。特徴的な外観の黒沢池ヒュッテは、建築家でもあり登山家でもあった吉阪隆正の設計。コルビジェの弟子。

f:id:moro_lomo:20171016145517j:plain

 

妙高山に到着。山頂からは後立山連峰が望めた。

f:id:moro_lomo:20171016145523j:plain

f:id:moro_lomo:20171016145528j:plain

 

妙高山を降りて、火打山を目指す。高谷池ヒュッテを越えると天狗の庭が現れる。ここも割とフラットで木道が整備されており気持ちが良い。天気が良いと池に火打山が映るらしい。

f:id:moro_lomo:20171016145534j:plain

f:id:moro_lomo:20171016145542j:plain

 

見えるが火打山

f:id:moro_lomo:20171016145547j:plain

 

山頂に到着。展望良し。火打山の先には焼山がある。焼山は常時観測火山で、2006年まで入山規制されていたらしい。

f:id:moro_lomo:20171016145551j:plain

 

下山後は笹ヶ峰周辺をかるくトレイルラン。ここら辺は2016年の信越五岳トレイルランに出場した時に走ったエリア。その時は雨が降ってて景色を楽しめなかった。そのリベンジ。フラットで走りやすく、高校や大学のクロスカントリーの練習場にもなっていた。牧場や広葉樹、針葉樹、池など景色にバリエーションがあり、延々と走ってられるコースだった。

f:id:moro_lomo:20171016151645j:plain

f:id:moro_lomo:20171016145604j:plain

f:id:moro_lomo:20171016145610j:plain

f:id:moro_lomo:20171016145615j:plain

f:id:moro_lomo:20171016145619j:plain

f:id:moro_lomo:20171016145628j:plain

 

総距離28km。程よい疲れが気持ちいい。やっぱり行ったことのない山は新鮮でいいな。