山と森

山と森で

Bライフの模様、雑感などを綴ります。小さな暮らしを目指しています。

2018.7.31 日帰り縦走、赤岳〜硫黄岳

南八ヶ岳をプチ縦走。

美濃戸山荘〜行者小屋〜赤岳〜横岳〜硫黄岳〜北沢〜美濃戸山荘 という定番のルート。

3年前にも同じコースを辿ったが、その時は行者小屋に泊まっての1泊2日だった。あの頃の登山は全てが新鮮だった。

 

f:id:moro_lomo:20180814052007p:plain

 

 6時10分、駐車場のやまのこ村に到着。すかさず店から人が出てきて1000円を要求される。夏休みのせいか、平日にも関わらず多くの車が停まっていた。長岡ナンバーをみて少し嬉しくなる。

f:id:moro_lomo:20180814052652j:plain

 

時計回り、反時計回りどちらでもよかったが、最初に赤岳を登りたかったので南沢から登り始める。

f:id:moro_lomo:20180814052656j:plain

 

文字通り沢沿いを歩く。行者小屋までハイカーは少なく、静か。沢の音が響く。

f:id:moro_lomo:20180814052701j:plain

 

1時間ほど歩くと少し視界がひらけた河原に出てくる。目の前に赤岳が拝める。この時点では雲がなく好展望が期待できそうだった(登頂する頃にはガスがかかり天望恵まれず)。ゴツゴツとして荒々しい山肌がかっこよい。

f:id:moro_lomo:20180814052712j:plain

 

行者小屋を目指す。

f:id:moro_lomo:20180814052716j:plain

 

7時半、懐かしの行者小屋に到着。疲れていないので休憩せず先へ進む。行者小屋に宿泊した人たちが赤岳方面へ登るので、ここら辺からハイカーが多くなった。

f:id:moro_lomo:20180814052720j:plain

 

文三郎道から赤岳を目指す。ここからは急な階段やはしごが続く。

f:id:moro_lomo:20180814052724j:plain

 

なかなか良い宣伝方法だと思った。登山メーカーのマークが階段に打ち付けられている。

f:id:moro_lomo:20180814052730j:plain

 

急な階段を登る登る。3年前に来た時は、朝早すぎてほぼ暗闇状態で無我夢中で登っていたため、景色や階段の急さに気づかなかった。急勾配で心拍数が上がる。

 

そういえば昔はGPSウォッチをつけてハートレートモニターつけて、心拍数とか累積標高とか色々確認していたけど、最近は両方ともつけなくなった。ハートレートモニターの締め付けが嫌いだったし、GPSウォッチが腕にないとすごく軽く、それが調子良くてなくてもいいじゃんって。

f:id:moro_lomo:20180814052737j:plain

 

 

イカーあるあるかもしれないし、またまた自分が自意識過剰なだけな話かもしれないが、登りで人を追い越す時は、余裕な感じで追い越し、その後も速度を落とせない。追い越したのにすぐ追い越されるのはお互い気まずいからね。追い越して姿が見えなくなったら歩を緩め呼吸を整える。ほんと大変。

f:id:moro_lomo:20180814052741j:plain

 

赤岳とは反対方向の阿弥陀岳。登山道が伸びていてかっこいい。

f:id:moro_lomo:20180814052745j:plain

 

高山植物。出会った高山植物の名前などを調べた方が登山も楽しめると思うのだが、あまり名前自体に興味がないため、毎回調べずじまい。名前は知らなくとも綺麗と感じればそれでよい。

f:id:moro_lomo:20180814052750j:plain

 

手足を使って登るような岩場が続く。ゴツゴツした岩場が南八ヶ岳の特徴。

f:id:moro_lomo:20180815041650j:plain

 

 

8時20分、赤岳山頂に到着。

f:id:moro_lomo:20180814052800j:plain

山頂からの阿弥陀岳。この頃には東側からガスがかかってきて、好展望とはいえず。

f:id:moro_lomo:20180815041836j:plain

 

山頂から少し歩いたところにある赤岳天望荘もガスに覆われている。

f:id:moro_lomo:20180814052804j:plain

 

高山植物2。名前は知らない。歳をとって興味が湧いたら調べよう。

f:id:moro_lomo:20180814052808j:plain

 

横岳までごつごつした岩場の稜線が続く。

f:id:moro_lomo:20180814052812j:plain

 

9時20分、横岳到着。

f:id:moro_lomo:20180814052827j:plain

 

横岳を出発して硫黄岳を目指す。硫黄岳の山容も気に入っている。ドシッとしていて穏やかさもある。

f:id:moro_lomo:20180814052832j:plain

 

鎖場なんかもところどころに。ただ、今回のルートで身の危険を感じるような場所はないのでご安心を。

f:id:moro_lomo:20180814052836j:plain

 

硫黄岳に近づいてきて岩場の稜線から砂っぽい地質に変わった。ワラーチの間に小石が入り込みうざったい。

f:id:moro_lomo:20180814052846j:plain

 

硫黄岳山荘をすぎて硫黄岳へと登る道には、登山道に沿ってケルンが立ち並ぶ。

f:id:moro_lomo:20180814052850j:plain

 

9時50分、硫黄岳に到着。夏沢方面からのハイカーもいるので、山頂は結構賑わっていた。晴れていれば山頂の脇の爆裂火口が見えるのだが、本日はガスのため見えなかった。

f:id:moro_lomo:20180814052854j:plain

 

あとは下るだけ。高山植物3。名前は知らない。

f:id:moro_lomo:20180818055732j:plain

 

10時30分、赤岳鉱泉到着。休憩せず先へ進む。

f:id:moro_lomo:20180814052905j:plain

 

途中、歩荷の人とすれ違い、ネパールを思い出す。歩荷のバイトは一度やってみたい、割りがいいのか悪いのか。楽しいのか楽しくないのか。

f:id:moro_lomo:20180814052912j:plain

 

北沢の林道を進み、11時30分に駐車場に下山完了。

f:id:moro_lomo:20180814052925j:plain

 

3年ぶりに同じルートで登ったが、時間帯、天候が変わると山の印象もだいぶ違って感じた。

 

日帰りだとどうしてもスタート時間が遅くなってしまうので、天候が安定して空気が済んでいる朝に歩けないのが残念である。

やはり山歩きは、澄んだ空気の中、空が徐々に明るくなって変化する具合を感じながら歩く瞬間が一番である。

 

以上

 

 

 

2018.7.25 展望良し。八ヶ岳最北端、蓼科山をデイハイク

蓼科山八ヶ岳の最北端に位置している。円錐形の美しい形をしているので諏訪富士とも呼ばれているらしい。

 

暑さが厳しい今日このごろ、蓼科山とその周辺をぐるっとハイキングしてきた。

 

f:id:moro_lomo:20180804051918p:plain

 

スタートはスズラン峠にある蓼科山登山口。わりと綺麗目なトイレを完備。

f:id:moro_lomo:20180804052633j:plain

f:id:moro_lomo:20180804052638j:plain

 

登山開始。

f:id:moro_lomo:20180804052643j:plain

 

朝の木漏れ日が気持ちいい。

f:id:moro_lomo:20180804052649j:plain

 

森林限界を越えると、ゴロゴロした岩ばかりになる。蓼科湖など下界がよく見渡せた。

f:id:moro_lomo:20180804052653j:plain

 

蓼科山に到着。山頂は平坦でだだっ広い。

f:id:moro_lomo:20180804052657j:plain

 

山頂から八ヶ岳を望む。

f:id:moro_lomo:20180804052702j:plain

 

山頂に神社あり。

f:id:moro_lomo:20180804052708j:plain

 

山頂に方位盤あり。

f:id:moro_lomo:20180804052713j:plain

 

とても良い天気で、360度の展望が楽しめた。

f:id:moro_lomo:20180804052718j:plain

 

山頂のすぐ近くにある蓼科山頂ヒュッテ。

f:id:moro_lomo:20180804052729j:plain

 

蓼科山を後にし、大河原峠方面へと一旦下る。途中の蓼科荘。感じの良さそうな山小屋で多くの人が休憩していた。

f:id:moro_lomo:20180804052733j:plain

 

これが縞枯現象?木々が立ち枯れている。

f:id:moro_lomo:20180804052737j:plain

 

蓼科山から約500m下ってきて、ようやく大河原峠に到着。ここから双子山、双子池、大岳のアップダウンを経て北横岳を目指す。

f:id:moro_lomo:20180804052742j:plain

 

穏やかで平な山頂の双子山に到着。振り返ると登ってきた蓼科山がよく見えた。

f:id:moro_lomo:20180804052746j:plain

 

双子山から下って双子池に。雄池と雌池の二つがある。雄に興味はないので雌池だけ見て先を急ぐ。急ぐ意味もないのだが。

f:id:moro_lomo:20180804052751j:plain

 

苔むした雰囲気の良いトレイル。誰もいなくて静か。

f:id:moro_lomo:20180804052758j:plain

 

双子池付近を境に森の様子が変わっている。

f:id:moro_lomo:20180804052803j:plain

 

大岳に到着。ここでしばし休憩。コンビニおにぎりを補給。最近はもっぱらコンビニおにぎりが補給食になっている。具はシャケと梅というオーソドックスな組み合わせ。塩分補給とタンパク質補給を意識シテマス。

f:id:moro_lomo:20180804052808j:plain

 

大岳から蓼科山を望む綺麗な円錐をなしているのがよくわかる。

f:id:moro_lomo:20180804052814j:plain

 

北横岳は山頂に人がたくさんいたので写真を撮るのを失念。北横岳を登ったらあとは下る。亀甲池に到着。

f:id:moro_lomo:20180804052819j:plain

 

目の前にまたまた蓼科山。ここら辺から下山まで緩やかな下りが続いており、そのほとんどを走って下った。やっぱりトレイルを走るのは気持ちいい。

f:id:moro_lomo:20180804052823j:plain

f:id:moro_lomo:20180804052827j:plain

 

竜源橋に下山。車を止めてあるスズラン峠まで車道を30分程歩いた。

f:id:moro_lomo:20180804052831j:plain

 

最近、頻繁に登山に行っているせいか、登山中あまり疲れなくなった。調子いいとちょっとした登りが平坦地のごとくスイスイっといける!あーオールアウトしたいわー

 

以上

 

 

 

2018.7.10 苔の森を歩く、北八ヶ岳ラウンドハイク

梅雨明け一発目の登山は、八ヶ岳中央部をゆるハイク。

 

麦草峠をスタートし、にゅう、天狗岳を経て、西尾根から渋の湯へ一旦下る。その後冷山方面へ足を伸ばし、麦草峠へと戻るルート。

 

麦草峠の標高が2127mで、最高点の天狗岳は2646m。急登もなさそうなのでのんびり歩く予定。

 

歩いたことのないエリアなので楽しみ。装備はトレランザック、ワラーチ、半袖半パン。すれ違ったおじさん集団に「海水浴からふらっと来たみたいだね」と笑われる。確かに見えなくもない。

 

f:id:moro_lomo:20180718072206p:plain

 

 

6時半ころ麦草峠に到着。無料駐車場に軽トラックを止めて出発。

f:id:moro_lomo:20180718074045j:plain

 

白駒池方面に歩いて行く。トレイルはここ最近雨が降っていないにも関わらず水が豊富で、いたるところに水たまりが残っていた。

後で知ったのだが北八ヶ岳は苔が有名らしい。あたり一面に苔がビシッと生えていてとても涼やか。雨の日を歩くのも雰囲気があって良さそうなコースだった。

 

f:id:moro_lomo:20180718074058j:plain

f:id:moro_lomo:20180718074052j:plain

 

白駒池に到着。湖面はとても静か。三脚持ったカメラおじさんが複数いた。水鳥か何かの撮影スポットなのか?

f:id:moro_lomo:20180718074118j:plain

 

白駒池をパスし、にゅうを目指す。ここでも苔。雰囲気がいい。

f:id:moro_lomo:20180718074136j:plain

f:id:moro_lomo:20180718074142j:plain

 

にゅうからの眺め。晴れていたが、雲が多く、遠くまで景色を見ることはできなかった。

北八ヶ岳は、急な斜面、岩場が少なく森が広がっていて穏やかな印象。

f:id:moro_lomo:20180718074156j:plain

 

にゅうを後にし、本日の最高峰天狗岳を目指す。

下の写真は東天狗岳からみた西天狗岳

f:id:moro_lomo:20180718074203j:plain

 

山頂はガスって何も見えず。ガスが晴れるのを5分くらいまったが、晴れる気配がなかったので、諦めて下ることにした。

f:id:moro_lomo:20180718074207j:plain

 

西天狗岳から西尾根を通り、唐沢鉱泉、渋の湯方面へと一旦下る。ここら辺にも苔が広がっていてなかなか良い。ただ、渋の湯方面から天狗岳を目指すハイカーが多くて、静かに歩けなかったのが残念。

f:id:moro_lomo:20180718074211j:plain

f:id:moro_lomo:20180718074217j:plain

 

渋の湯に到着。

f:id:moro_lomo:20180718074221j:plain

 

ここで冷山方面へ行きたくて登山口を探すもなかなか見つからない。10分さまよったが見つけられず、渋の湯のおばさんに教えてもらう。あまり人が歩かないルートらしい。渋の湯のおばさんは、半袖短パンにサンダル姿の若者を見て訝しんでいた様子。

 

地図だと破線ルートではないので大丈夫だと判断し、進む。確かに入り口付近は踏み跡が少なめだが、登るうちにルートはわりと明瞭になっていった。

 

歩いてみたら、人気のない原生林みたいな感じのトレイルでとても気に入った。

f:id:moro_lomo:20180718074225j:plain

 

ゴールの麦草峠は近い。森の雰囲気も変わり明るい。

f:id:moro_lomo:20180718074232j:plain

f:id:moro_lomo:20180718074238j:plain

 

13時頃麦草峠に到着。

f:id:moro_lomo:20180718074244j:plain

 

森の雰囲気がよく、のんびり歩くには良いコースだった。北八ヶ岳は山小屋も多く、色々なルートが分岐しているので、いろんなコースプランが立てられそう。

 

以上

 

2018.6.4 金峰山デイハイク

梅雨に入る前の6月初めに金峰山に登ってきた。午後に予定があったため、日帰りピストンのスピードハイク。装備はトレランのザックに、足元はワラーチで軽快に。

 

f:id:moro_lomo:20180715145310p:plain

 

 

 

登山口のみずがき山荘から1時間くらい歩けば富士見平小屋に着く。

 

富士見平小屋にはテント場があり、登山口からのコースタイムが短いのでテント泊装備を背負って歩く時間が短い。それと東京から比較的近いということもあって、富士見平小屋はテント泊入門に最適という。

 

テント泊初心者は普段背負わない重いテント泊装備を背負って長く歩くと疲弊するのでテント泊が嫌になるらしい。

 

3年くらい前、ツエルトや寝袋などを買い揃えて日帰りではない本格的な登山を始めた。当時、このテント泊入門コースの情報を得たテント泊処女の私は、緊張と期待を持ってこの地を訪れた。

 

f:id:moro_lomo:20180715153132j:plain

初めてのツエルト泊、張り方が下手くそ

初めてのテント泊は楽しかった。自分だけの空間があり、何をしても良いし、何もしなくても良い。夕日が綺麗だったり、夜がとても静かだったり、風が木々を揺らす音が意外に大きかったり、朝一番の空気がとても澄んでいて気持ちよかったり。都会では得られない非日常がそこにあった。

 

今思うと大したことない経験だが、普段しないことを計画して、準備して、実行したことは当時の自分にとっては大きな一歩だった。

 

何事もスタートする前が一番億劫なのである。スタートしてしまえば後はやるしかない。やる気は後から付いてくる。

 

考えるよりもまず行動。

 

 

話を元に戻す。

本日は晴天で暑くもなく寒くもない、動くと少し暑い、絶好の登山日和。足元はワラーチなのでフットワークが軽い。

 

f:id:moro_lomo:20180716171457j:plain

 

ワラーチ登山の長所は、開放感があること、軽いので登りが早いこと、足裏でしっかり大地を踏みしめる感覚が得られること、捻挫の心配がないこと。短所は、グリップがあまり効かないので足の置き方に注意しなくてはいけないこと、下りでスピードを出せないこと、木の根を蹴るとつま先が死ぬこと。

 

装備は技術と体力で置き換えられる。何と言ってもミニマルな感じがいいよね。

 

 

朝5時半ころみずがき山荘を出発。3年前を思い出しながらスイスイ登る。

f:id:moro_lomo:20180715145742j:plain

 

 

 

あっという間に思い出の富士見平小屋。ここから瑞牆山金峰山に道が別れる。

f:id:moro_lomo:20180715145746j:plain

 

富士見平小屋から金峰山方面に歩を進めると、しばらくして大日小屋に到着。

f:id:moro_lomo:20180715145801j:plain

 

大日小屋を過ぎ、しばらく登ると森林限界になって視界が開ける。雲ひとつない青空。空が澄んでいて、遠くの景色まではっきり見える。

f:id:moro_lomo:20180715145805j:plain

 

遠くに見えるは甲斐駒ケ岳鳳凰三山

f:id:moro_lomo:20180715145809j:plain

 

後ろに目を向けると八ヶ岳

f:id:moro_lomo:20180715145813j:plain

 

富士山もくっきり。森林限界後は常に右手方向に富士山が望めるので、とても気持ち良い稜線歩きが楽しめる。

f:id:moro_lomo:20180715145827j:plain

 

目指す山頂の五丈石。森林限界以降の稜線が美しい。

f:id:moro_lomo:20180715145818j:plain

 

五丈石に到着。自然にできたのか、人工的に積まれたのかわからないが、神秘的な造形。

f:id:moro_lomo:20180715145823j:plain

 

f:id:moro_lomo:20180716172230j:plain

 

景色を堪能したので、来た道を戻る。

9時40分ころみずがき山荘に下山。

 

以上

 

自意識が邪魔をする

自意識が邪魔をしてブログが書けないという話。 

  

f:id:moro_lomo:20180614201303j:plain

 


こう書いたら読んだ誰かが勘違いしないか、誤解しないか、馬鹿だと思われないか、くだらないことばかり書いているなとか、などなど他人の評価、目線がちらつき、筆が止まる。

 

こんなブログ、ほとんど誰も見ていないのに。他人の目などを気にするくらいならブログで世間に発信などせず、メモ帳にただ書き連ねて満足してれば良いのだ。

 

自意識が邪魔をする

 

5年間くらい「東京ポッド許可局」というラジオ番組を愛聴している。マキタスポーツプチ鹿島サンキュータツオの3人のおじさんがあるテーマ(番組では〇〇論と呼ばれる)について自由に喋り合うという内容だ。

 

その番組のコーナーの一つに「自意識が邪魔をする」というのがある。 

 

自意識のせいでできないこと、できなかったことを、理由とともに自己申告するコーナーで、例えば、

文字プリントのTシャツが着れない (→ 意味のない英語を読まれるのが恥ずかしい) 異性の友達を、下の名前で呼び捨てできない (→ 一気に距離を縮めたい感じが耐えられない、馴れ馴れしくできない)

 

 

我が身を振り返るとたくさん思い当たることがある。

なにせ、自分は他人の評価を気にして生きてきた自覚がある。そう、自意識過剰。

 

子供の頃、親によく言われていた記憶があるが、大人になった今でもそう思う。

 

現在、この自意識が邪魔をして自由にブログが書けないのである。

 

 

そもそもブログを始めた理由

1つは備忘録として。

人間の記憶なんてあてにならない。自分の都合のいいように記憶を改ざんすることも確実にある。当時の出来事、何を考えていたかをアウトプットしておくと、後々役に立つと考えた。

 

2つはアウトプットの練習として。

文章を書くことは、ある意味生産的行動と考えた(それがどんなにくだらなくて便所の落書きレベルのものでもね)。

そして文章は書かないと上手くならない。

 

今までの人生、ほとんどインプットばかりだった。インプットしたらアウトプットしなければバランスが悪い。便秘だ。入れたら出す。

 

 

フェイスブックツイッター、インスタグラムなどのSNSで、誰でも気軽に情報を発信できるようになって久しい。しかし、前述の自意識が邪魔をしてほとんどやってこなかった。(人に馬鹿がバレるのが怖かったり、こんな程度の人生か笑と思われたくなかった)

 

ブログによる広告費などの収入になればいいなーと軽く考えていたが、始めてみたら、相当な努力と分析、根気が必要で自分には向いていないと感じたため諦めた。

 

 

つまり、このブログは、誰かに読んでももらおうという類のものではなく、あくまで自分のために始めたものだった。 

 

 

これからは無駄な自意識は捨てる

f:id:moro_lomo:20180613084637j:plain

 

自由にブログを書くためにくだらないプライドは捨てよう。馬鹿に思われようが、文章が稚拙だろうが、中身がなかろうが、ブログを書くことはアウトプットの練習である。練習なので、どんどん書くことに意味がある。脚色せず、ありのままを書くことに価値がある。

 

 

プライドを捨てる。他人の目を気にしない。これはブログに限った話ではない。 

 

 

他人のための人生ではない。自分のための人生だ。他人の顔色を伺って生きても面白くないし意味もない。

 

他人にどう思われようと、自分がやりたいことを制限しない。自分の欲求に素直になる。もっと気楽に生きよう。

 

人は皆自分が大好きなのだから、誰かの言動などその瞬間は気になるだけでどうせ後ですぐに忘れるものだ。

 

もちろん、社会常識は守る範囲でね。

 

以上

2018.5.29 日帰り鳳凰三山 ドンドコ沢in

山梨での生活が落ち着いてきた今日この頃、近所の百名山である鳳凰三山に行ってきた。鳳凰三山地蔵岳観音岳薬師岳の三つの山の総称である。

 

朝6時頃、登山口の青木鉱泉に到着し、登山開始。ドンドコ沢から登り、鳳凰三山を経て中道へ下る周回ルートを選択。

 

f:id:moro_lomo:20180606054510p:plain

 

やまクエによるレベルは75。

http://www.yamaquest.com/detail/hoosan-2841/3056.html

 

 

4月以降、日中の仕事で身体を動かすので毎日の習慣だったランニングをやめてしまった。ネパール以来の登山なので体力の低下が心配。

 

東京で働いていた頃は、帰宅がどんなに遅くても朝5時に起きて1時間程度のランニングを日課にしていた。デスクワーク中心の仕事で体力が有り余っていたせいだ。

 

その代わり、筋トレを始めた。

 

今の仕事では自分の長所であった山道を100km走れる心肺能力、筋持久力はあまり必要とされず、純粋な筋力が必要な場面が多々ある(肥料もったり硬いネジ回したり)。そんな時、ペンよりも重いものを持ってこなかった己の非力さを呪った。その結果が筋トレだ。

 

環境が変われば習慣も変わる(環境が変わっても変わらないことが習慣?)。昨日の非常識、今日の常識。今日の常識、明日の非常識。

 

 

本題に戻る。

 

青木鉱泉に軽トラを停め、ドンドコ沢より登り始める。駐車場料金750円なり。

f:id:moro_lomo:20180531200257j:plain

 

ドンドコ沢から登る。

f:id:moro_lomo:20180531200307j:plain

 

ドンドコ沢は5つの滝が見所。だいぶ間近までいける滝もあるので迫力満点。

f:id:moro_lomo:20180531200311j:plain

 

久々の登山はやはり良い。1人静かに歩いている間は色々なことが頭に浮かんでは消える。昔のこと、現在のこと、これからのこと。ただ、疲れてきたり腹減ったりすると、早く下山したい、降りたら何食べようという雑念に支配されるので要注意だ。

f:id:moro_lomo:20180531200329j:plain

 

3時間ほど登り続けると、視界がひらけて雰囲気が変わった。白い砂地盤になる。遠くに見えるは地蔵岳オベリスク

f:id:moro_lomo:20180531200334j:plain

 

鳳凰小屋に到着。平日のためか、まだシーズンオフのせいか、管理人は不在。トイレをお借りして先へ進む。

f:id:moro_lomo:20180531200340j:plain

 

ここから地蔵岳までは急登で砂地盤。滑らないよう踏ん張るためケツの筋肉を使う。

f:id:moro_lomo:20180531200352j:plain

 

乳酸が溜まったところでたどりつた地蔵岳。シンボリックな目の前のオベリスクは下界からでもよく見える。

f:id:moro_lomo:20180531200417j:plain

 

オベリスクのふもと付近まで岩をよじ登って進む。てっぺんまで行くと降りれなさそうだったので、てっぺん少し手前で断念。

f:id:moro_lomo:20180606060440j:plain

 

薄曇りの天気で景色が少し霞んでいたが、八ヶ岳甲斐駒ケ岳仙丈ケ岳がよく見えた。

f:id:moro_lomo:20180531200357j:plain

八ヶ岳

f:id:moro_lomo:20180531200408j:plain

甲斐駒ケ岳



おにぎりを食べながら少し休憩して観音岳を目指す。観音岳鳳凰三山の中の最高点(標高2841m)。

f:id:moro_lomo:20180531200424j:plain

観音岳



観音岳薬師岳を早々にパスし、あとは下山するのみ。

午後に済ませたい用事があったため、小走りで下り、13時半頃に青木鉱泉に到着。

駐車場付近にある川の水で汗をぬぐい、さっぱりして帰りましたとさ。

 

<装備品>

ウインドウシャツ:アトリエブルーボトルのハイカーズヤッケ

上:メリノウールのロングT

下:山と道5ポケットショーツ

靴:アルトラ オリンパス

ザック:山と道mini

食料:コンビニおにぎり2個、チーズ、ゆで卵、ナッツ、ドライフルーツ

水:1リットル(消費したのは700mlくらい)

 

上記装備で暑くもなく、寒くもないちょうど良い気温だった。

体力もあまり衰えていないようで安心。

 

以上

 

 

 

 

 

 

山の恵み、ふきのとうとたけのこ

山菜の季節。

現在住んでいる北杜市は市内でも標高差が大きく、桜の開花や山菜の出始めるタイミングもエリアによってずれてくる。

 

メインの職場がある須玉町というエリアは標高が480m前後だが、現在の住まいがあるエリアは800m前後でかなり標高差がある。

 

f:id:moro_lomo:20180425200126j:plain

採集時期を逃して巨大化してしまった

 

 

時期は少し前で3月終わりころになるが、周りを見渡すとふきのとうがちらほら見え始めた。至る所に生えているので、採集してふきのとう味噌にしてみた。

 

材料は、

ふきのとう

ごま油

味噌

みりん

 

作り方は簡単で、ふきのとうを刻んでごま油で炒める。味噌とみりんの合わせ調味料を投入して好みの硬さまで火にかけて完成。

 

ほろ苦さが残り、焼酎によく合った。

 

f:id:moro_lomo:20180425200049j:plain

f:id:moro_lomo:20180425200055j:plain

 

 

 

最近はたけのこである。竹は成長が早く繁殖力が高いので、せっせとたけのこの段階で採集しないと厄介な竹林になってしまう。

 

鍬で根元をザクッと一撃すると、意外なほど簡単に採れた。

 

f:id:moro_lomo:20180425200107j:plain

 

たけのこはアクが強いのでアク抜きが必要。普通は米ぬかで茹でるらしいが、米ぬかがなかったので米で代用。食べた時エグ味などは感じなかったのでアク抜きは成功したと思う。

f:id:moro_lomo:20180425200112j:plain

 

 

茹でて、一晩ほっとけばできあがり。皮を剥いて可食部をむき出しに。思っていたよりも可食部が大きくてうれしい。

シンプルに醤油を垂らして、刺身でいただいた。食感がシャキッとしていて美味しかった。

f:id:moro_lomo:20180425200119j:plain

 

 

採集生活が楽しいので、野草や山菜の知識を増やしていきたい。